米モバイル広告急成長 媒体別、今年3位浮上へ ネット企業、収益源に スマホ・タブレット、各社が新機能

969599969381959FE0E69AE0E48DE0E6E2E5E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKDZO7472224025072014FF2000-PB1-4

969599969381959FE0E69AE0E48DE0E6E2E5E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKDZO7472225025072014FF2000-PB1-4

急浮上の背景には、スマホやタブレットの普及と、それに伴うライフスタイルの変化がある。米国の成人の場合、スマホなどモバイル機器を利用する時間は1日あたり平均2時間51分。1年前(2時間19分)に比べて約30分増えた。

14年のモバイル広告市場におけるフェイスブックの世界シェアは22%。50%超のシェアを握るグーグルのまだ半分以下だが、その差は徐々に詰めている。ニュースフィードへの動画広告の配信や、広告に掲載した商品を買いやすくする「バイ(購入)」ボタンの試験導入など、新たなサービスや機能の開発にも取り組む。

グーグルも広告主の「モバイルシフト」への対応を急ぐ。パソコンに比べて画面が小さく、広告単価が安いというハンディを克服するため、パソコン向けとモバイル向けの広告をまとめて提供し始めた。

きっと今が旬ですね。クリック率も今なら高い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です