STAP、謎残し幕引き ES細胞混入、故意拭えず 理研、特許取り下げへ

9695999993819595E0E49AE6968DE0E4E3E0E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKKZO8141242027122014EA1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGG26H4D_W4A221C1EA1000/

報告書では混入と判断した理由について、小保方氏の研究室に保管された細胞の遺伝子がES細胞と99%以上一致したことを挙げた。混入の経緯は実験で誤った過失ではなく、誰かが故意に混入した疑いをぬぐえないと指摘。しかし、証拠が不十分で故意であるとの結論は出せなかった。

理研は調査結果を受け、出願していたSTAP細胞の特許を取り下げる方針だ。共同出願者である米ハーバード大学などと協議する。また不正を働いた小保方氏には研究費の返還を求めることも検討する。理研はSTAP細胞の問題に関わった関係者も近く処分する。

事実が分かる時が来るんでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です