秋田犬ブーム 偽物注意 海外の登録数、1年で3倍 保存会、チェック体制強化

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG23H56_Y7A200C1CC1000/

人気のきっかけは「忠犬ハチ公」を題材にした米国映画で海外では登録数が1年で3倍に増え、初めて国内分を上回った。一方、偽の血統書が複数見つかり、雑種とみられる犬が高額で販売されたりしている。保存会は管理体制の強化に取り組んでいる。

同会によると、海外で特に人気があるのが中国。16カ所ある同会の海外クラブのうち10カ所が中国国内。品評会で賞を取った犬を富裕層がステータスとして飼うなど1頭で1千万円の値段がついた例もある。

だが秋田犬の売買が盛んになるとともに偽物も出現。同会によると、1頭の母犬からは多すぎる子犬が生まれたという犬籍の申請があったり、実際には存在しない登録番号の血統書も複数見つかったりしている。雑種とみられる犬を秋田犬として高額で販売するペット店も確認されたという。

最近ちらほら聞きます。「あきたいぬ」らしいです。秋田犬保存会はかなり歴史ありモラル重視とのことで安心しました。