「アノニマス」10代多く 攻撃強める国際ハッカー集団 いたずら動機、政治的主張なし

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98433180V10C16A3EA1000/

アノニマスは情報の自由、環境保護、反テロなど様々な大義名分を掲げサイバー攻撃を仕掛ける国際ハッカー集団。リーダーは存在せず、名乗ればメンバーになれる。

サイバーディフェンス研究所の名和上級分析官は「アノニマスのメンバーはほとんどが子供だ」と断言する。攻撃の多くがいたずら目的で「やると目立ち、達成感が得られるというだけの動機しかない」。情報セキュリティー対策で攻撃者の素性を割り出すと、10代が頻繁に見つかるという。

10代のネットリテラシーは大人が想像できないほど高く、請負ハッカーと契約できるサイトが存在することも攻撃を助長している。DDoS攻撃は1回800円程度が相場といい、手ごろに利用できる環境が整う。

IS vs アノニマスの構図もありましたが。各国政府もうまく彼らを取り込めればいいのでしょうけど。アプローチはしてるでしょうね。