自転車ブーム 警察も便乗 タイ・バンコク 巡回に応用 下町の路地裏隅々まで

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81176190R21C14A2CR8000/

きらびやかな商業施設が注目されがちなタイの首都バンコクで、路地裏を自転車で回る無料のツアーが話題だ。地元の人たちが数人1組になり、町工場や屋台が並ぶ昔ながらの暮らしを懐かしむ。地域の魅力を再発見する取り組みだったが、裏通りの隅々まで行き来できる特徴に警察が着目。「自転車パトロール隊」が組織され、下町の防犯にも一役買うようになった。

カフェの女性経営者、ノンナミー・ウンウィワクンさん(35)が2010年、「王宮などの観光名所だけでなく、路地裏の魅力を知ってほしい」との思いから、参加費無料でツアーの提供を始めた。「今まで気づかなかった地元の魅力を発見できる」。口コミで評判が広がり、今では週1、2回のツアーを実施する。

施錠などの設備が不十分な安宿が並ぶ一帯では、宿泊客の荷物が盗まれる空き巣などが多発していたが、地元警察によると、パトロール開始以降、被害件数が徐々に減少している。「バイクでパトロールをしてきたが、自転車なら人の話し声や不審な音にも気づける」(ピラワット少尉)

どんな光景なんでしょう。道路整備がされてない中での自転車ブームだけにカオスなイメージを持ってしまいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です