認知症社会コスト14.5兆円

96959999889DEBE4E3E2EBE3EAE2E3E6E2E3E0E2E3E486989CE2E2E2-DSKKZO9610919014012016TJN000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96109180U6A110C1TJN000/

14年の社会的コストの内訳は医療費が1兆9千億円、介護費が6兆4千億円、家族などが無償で担う介護を金額に換算した「インフォーマルケアコスト」が6兆2千億円だった。

実際には認知症の早期発見や治療薬開発に向けた研究が国内外で進んでいる。画期的な新薬が登場したり早期に診断できたりするようになれば介護費用の抑制につながる。こうした新技術の導入で医療費を押し上げる恐れもある。

最近、認知症の話題多いです。これに関してはただの病気ではなくもっと深い意味がある気がします。霊的な観点だと、浄化作用という話も。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です