米国の選択 国を支える多様な価値観

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO10264620T01C16A2TCL000/

大統領選挙の現地取材で地方を回ると、敬虔なキリスト教徒に出会います。とりわけ敬虔な人たちは「福音派」あるいはキリスト教原理主義者と呼ばれます。共和党を支持する人が多く、共和党に大きな影響力を持っています。

聖書が真実であることを実際に示そうと考える人たちがいます。こういう人たちが、「ノアの箱舟」を「再現」させたのです。題して「箱舟との遭遇」という施設です。場所はケンタッキー州です。

施設を訪れた見学者にインタビューしてみると、「ノアの箱舟が実在したことを実感した」と感激する人たちばかり。福音派の人たちでした。これもまた現代の米国の実情です。トランプ当選ごときで驚いていられないのです。

「箱舟との遭遇」すごい施設です。米国は確かに日本人が思っているより何倍も多様なのだと思います。