ハロウィーン 熱狂なぜ 「聖地」渋谷で聞く 「SNSで自慢」「仮装で友達に」

9695999993819695e1e29ae1918de1e2e3e2e0e2e3e49191e3e2e2e2-dskkzo0897071031102016cc1000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG30H3C_Q6A031C1CC1000/

ウォーリーの格好をした東京都江東区の会社員、大野さん(20)は同じ赤と白のストライプのシャツの集団を見つけ、ハイタッチを交わす。念願の初参加。「仮装していれば知らない人とも友達みたいに交流できる。仕事のストレス発散になって楽しい」と笑顔だ。

「友達がSNSに上げる写真を見て楽しそうだと思って来た」。センター街の片隅で、横浜市の女子大学生(21)はスマートフォンで友達と記念撮影。半袖のドレスで白雪姫になりきり、「寒くてもかわいい格好がしたかった」と満足そうだ。

センター街で同級生4人とプリントシールを撮っていた大学4年の上沼さん(21)は、今年で仮装は3回目。「目立つのが好き。フェイスブックなどで共有して褒められるのがうれしいし、仲間でわいわいするのも楽しい」と話す。

仮装なんかはSNS時代にピッタリハマりますよね。体験型消費にも当てはまりますし、でも根底にはやはり人との繋がりを求めるのだと思います。