偽ニュースを見抜くには 肯定・批判 双方理解し判断

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20654310R00C17A9TCL000/

フランス大統領選では意外な現象がありました。米大統領選ほど、フェイクニュースが問題にならなかったというのです。フランスの現地で取材してきた人に聞いたところ、複数の人が、「フランスの有権者には新聞を読む習慣が根付いているからではないか」というのです。

ネットの利点は、探したい情報が大量に瞬時に集まることですが、この便利さの陰に盲点があります。情報に瞬時に反応し、自分に都合よい情報だけを受け入れる生活に慣れてしまいかねません。これに対して新聞は、ひとつの問題について肯定的な意見、批判的な意見を併記する編集をしています。

「継続は力なり」です。とはいえ、複数の新聞を読み比べるのは、なかなか困難です。そこでいつもはお気に入りの一紙を読みつつ、大ニュースが起きたときはコンビニなどで別の新聞を買って目を通すことです。あるいは、図書館に顔を出すこと。

フランスでは新聞を読む習慣が根付いているため、フェイクニュースに有権者が騙されないという点が興味深いです。