皇室典範 誕生の記録 新憲法の精神 土台 白紙から議論 世襲は例外

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06954480W6A900C1CR8000/

憲法では天皇は統治権を失い、政治的権能を持たない象徴とされた。「実質的には(従来の)天皇制は廃止された」(憲法学者の佐々木京都帝大名誉教授)という意見もあり、新典範の立案も白紙から始まった。

白熱したのは「女帝」だった。憲法14条「すべての国民は法の下に平等であり、性別により差別されない」の原則から容認論が相次いだ。法制局からも皇位継承者を「男系・男子に限らず」という案が出されている。女系天皇容認論は「伝統と歴史」や現実の状況を押しやるほど強いものではなく、皇位継承は旧典範どおりの男系男子原則でまとまる。

改正手続きを「天皇の発議により国会の議を経て決する」との意見があったが、「一般法と同列に」との声があり否定された。一方で「一般法と同じなら名称は皇室法とすべき」との意見については、さしたる議論もなく旧法と同じ皇室典範となる。新典範立案は「新憲法への適合」で議論が始まったが、徐々に時代状況や旧例が影響していく。

難しいですが少し分かりました。女帝も検討されたものの、当時は皇位継承資格者が相当数いたため、女帝論議には切迫感がなかったとのこと。