福島と結婚します クリエーター、故郷に誓う 箭内道彦さん ドキッ広告で誤解変える

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG16H5D_X10C17A3CC1000/

「普通は『新しい』『おいしい』などと良さをアピールする。間違いを正すのは、従来の広告の文脈とは大きく違う」と戸惑うこともある。それでも風評被害をはじめとする誤解を正すことに広告の力を信じている。

活動がきっかけとなり福島関連の仕事が舞い込むようになった。徐々に「福島から逃げていた」ことに気付く。10年9月に福島・裏磐梯で開催したイベントで、バンド「猪苗代湖ズ」を結成。素直に郷土愛を歌える自分がいた。「福島に生まれたから、今がある」。そう思えたところに3.11が起きた。

「僕は福島と結婚します」。3.11の直後、地元放送局からコメントを求められ宣言した。「ずっと応援する」では伝わらない。「もう来るな、と言われても関わる」ほどの思いを込めた。今、「復興はこれからが本番」と、その思いをさらに強めている。

多才ですね。アンチが反転した時というのは、ものすごい思いが溢れてくるのだなと思いました。