「完璧求めなくていい」 英語習得 いまどき教材で 動画サイトで人気、吉田さんに聞く 歌や踊りの要素入れ

96959999889DE2E0E4EAE5E1E7E2E0E1E2E7E0E2E3E48683E6E2E2E2-DSKKZO0268737023052016TQ4000-PN1-6

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02687350T20C16A5TQ4000/

「最初に投稿したのは2011年。米ワシントン大学卒業後に帰国し、コンサルティング会社に在職していた時です。就活中の友人に英文レジュメのチェックを頼まれ、読むとaとtheが使い分けられていませんでした。そこで『aとtheの違い』をテーマにした動画を作りました」

「勉強の息抜きやモチベーション維持に活用されているようです。『元気をもらっている』『英語が好きになった』など前向きな声が寄せられています。英語教材はつまらないものが多いように感じます。もちろんつまらない勉強も必要ですが、今日はがちがちに勉強したくないというときに見てほしいですね」

「皆がネーティブ英語を目指し過ぎている点です。それが日本人の英語習得のネックになっているように思います。最初から完璧な発音を目指すのはマラソンを100メートル走と間違えてスタートを切るようなもの。本来の目的はコミュニケーションを取ることで、『伝わる英語=完璧な英語』ではありません」

投稿を始めたきっかけが面白い。動画×英会話。まさに今の時代にマッチした学習法だと思います。