ミレニアル世代 「草食化」傾向強く

9695999993819688E2E79A94E48DE2E7E2EAE0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0609648015082016TJC000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ05HF6_V00C16A8TJC000/

米ゴールドマン・サックスはミレニアル世代について「幼少期や就職前に金融危機を経験し、資産価格の下落や経済の落ち込みを見てきた」と指摘する。そうした環境で育ったからか「大企業への不信感が強い」と分析する調査機関もある。日本では「欲」に乏しい「さとり世代」とも言われる。

興味深いのが、カナダ系資産運用会社マニュライフ・アセット・マネジメントが中国や日本、東南アジアの8カ国・地域の4000人(中間層―富裕層)を対象にした個人投資家調査だ。将来の具体的な貯蓄額の目標を立てている人はミレニアル世代で6割に達し、35歳以上(44%)を上回った。お金はさほど使わず資産の4割は現預金として残すという。

経済が発展段階の中国や東南アジアですら必需品以外の消費に消極的という結果からは「草食化」したミレニアル世代の傾向が浮かび上がる。

世界人口の3割にまで達していたとは知りませんでした。すでに消費の主役ということで動向知ることが大事ですね。