新成人2年ぶり増 2万人多い123万人に 16年生まれ100万人割れ

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG31H1W_R31C16A2CR8000/

総務省が発表した人口推計によると、2017年1月1日時点で20歳の新成人は123万人で前年比2万人増えた。増加は2年ぶり。新成人が生まれた1996年は第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の出産期にあたり、出生数が増加していたことなどが影響した。

17年の新成人は過去最多だった1970年(246万人)と比べると半数にとどまる。総人口に占める割合は0.97%で、7年連続で1%を下回った。新成人が生まれた90年代にみられる出生数の増加は一時的なもので、00年代は再び減少傾向で推移している。中長期でみると新成人も減少傾向が続くとみられる。

厚生労働省によると、2016年生まれの子供の数は98万1000人と、1899年の統計開始以降で初めて100万人を割り込んだ。15年の合計特殊出生率は1.45と過去最低だった05年から上昇したが、20~30歳の女性の人口が減っているため出生数は下げ止まっていない。

1970年と比べると半数ということで、いかに少ないかということですね。しかし止められない傾向かと。