大卒主婦のホンネ スーパーウーマンばかりじゃない 「夫の転勤」が意外な伏兵 活躍したいが「家を犠牲」イヤ

96959999889DEBEAE4E2EAE5E6E2E3EAE2E1E0E2E3E4868BE7E2E2E2-DSKKZO9853964017032016TY5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98608740Y6A310C1TY5000/

日本経済新聞社が大卒以上の学歴を持つ20代から40代の主婦千人(専業主婦と、夫の扶養の範囲内の人)を調査したところ、ボランティアや地域活動に力を入れている人は全体の1割ほどだった。6割が「今の生活は自分の学歴やキャリアに見合っていない」と感じている。

やむを得ず主婦になったと回答した人で最も多い理由は、家事・育児と仕事の両立が難しいこと。ところが意外にもほぼ同数の31%と目立ったのが「夫の転勤」だった。。

家事・育児と仕事の両立が難しかったという人に理由を聞いたところ、最多は夫の協力不足で37%。次いで34%の人が挙げたのが「家事・育児を十分担えないことがつらかった」という自責の念で、仕事の負担を訴える声より多かった。

家事・育児と仕事の両立が難しかったという理由ののうち、仕事の負担より自責の念が多いというのが興味深いです。