一期一会の「おせっかい」 外国人に声かけ道案内や通訳

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95606010X21C15A2CC1000/

おせっかいジャパンは、東京都内の繁華街や観光名所に月2回ほど、おそろいの黄色のジャンパーを着て3~4人のチームで繰り出す。頼まれもしないのに、困っていそうな外国人観光客らに声をかけて道案内や通訳などを買って出ている。

20回以上訪れたアフリカでの「お節介」に幾度も助けられた経験から、日本でも困っている外国人に自分も何かできることはないかと思った。会社員時代の約20年前、外国人観光客が多い東京に転勤したのを機に声かけを始めた。

おせっかいジャパンは昨年4月、次女の友人の中国人留学生らと6人で設立。現在は大学生や留学生らを中心に100人を超え、16カ国語に対応できるようになった。

素敵な活動だと思います。インバウンドでいかに稼ぐかとかではなく、もてなす精神がやはり日本人らしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です