血縁なくても「父子」 最高裁初判断 民法規定、DNAより優先 「嫡出推定」2裁判官が反対

9695999693819695E3E59AE2878DE3E5E2E5E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKDZO7441363018072014EA1000-PB1-3

DNA鑑定で血縁関係が否定された場合に法律上の父子関係を取り消せるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は17日、父子関係を取り消すことはできないとする判決を言い渡した。妻が結婚中に妊娠した子は夫の子とする民法の「嫡出推定」規定は、DNA鑑定の結果より優先されるとの初判断を示した。

小法廷は判決理由で、嫡出推定について「子の身分の法的安定性を保持するのに合理的」と指摘。「科学的証拠で生物学上の父子関係がないことが明らかになっても、法的安定性の保持は必要」と判断し、「法律上の父子関係と生物学上の父子関係が一致しないこともあるが、民法は容認している」と結論づけた。

「嫡出推定」という言葉と意味を初めて知りました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です