人気旅行先 日本1位 中国の年末年始、リピーター増加

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25206410Y7A221C1FF1000

シートリップによると、年末年始の海外旅行の人気旅行先の1位は日本だった。個人旅行の比率の高まりに加え、口コミで評判が広がったことなどから前年の3位から躍進した。外交関係が悪化した韓国は前年の2位から11位以下の圏外に転落した。日本向けでは北海道と青森が特に人気で、雪景色や温泉を楽しみたい旅行者が多かったという。

韓国が圏外に転落したのは米軍のTHAAD問題がきっかけだ。中国の旅行会社が団体旅行の販売をとりやめた影響が大きい。個人旅行客も外交関係の悪化を受けて敬遠したとみられる。

渡航先は前年より2割多い66カ国・地域596都市で消費者の多様化が進む。南極やヒマラヤを訪れたり、アラスカなどでオーロラを楽しんだりするツアーが人気を集めた。東南アジアでダイビングをする旅行者は3倍以上に増えたという。

日本向けは北海道と青森が人気だそうです。雪景色や温泉。韓国は外交悪化で圏外へ転落。