子育て貧困世帯率、20年間で2.5倍に 92~12年 沖縄、最も高く

9695999993819695E2E39AE59A8DE2E3E2E1E0E2E3E49180EAE2E2E2-DSKKZO9791754002032016CR8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG01H7H_R00C16A3CR8000/

18歳未満の子供がいる世帯のうち貧困状態にある世帯数は、92年に70万世帯だったのが12年には146万世帯に拡大。都道府県別でみると、貧困率は沖縄が最も高く、大阪(21.8%)、鹿児島(20.6%)、福岡(19.9%)と続いた。地域間格差は縮小しているものの、「一部地域だけの問題から全国規模の問題に深刻化している」とみている。

20年間で2.5倍というのはかなり格差が広がっているのだと驚きです。ただし一側面ではあります。