ネット社会に潜むリスク 見えない敵との“戦争”

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO18320020Q7A630C1TCL000/

ランサムウエア事件の被害は150カ国に及んだという報道もありました。まさにサイバー空間を舞台にした「同時多発テロ」と言っても過言ではありません。

今回の事件は世界規模で被害がほぼ同時に広がったという点が大きな特徴です。今日では交通やエネルギーといった社会基盤の運用を、大規模なコンピューターシステムが支えています。国全体の社会システムや経済活動が混乱に陥るかもしれません。

若い君たちにもこうした「ネット社会に潜むリスク」があることに気付いてほしいのです。見えない敵がもたらす危機に備えて、メディアリテラシーやITスキルを身に付ける教育の機会をどのように増やしていけばよいのか。

メディアリテラシーとITスキル教育の必要性を仰っています。この格差は広がっているように思います。