「おひとりさま」老後の備えは? 2000万円前後が目安に

96959999889DEBE4E4EAE5E3E4E2E0EBE2E3E0E2E3E4828297E2E2E2-DSKKZO9668719029012016PPE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96687160Z20C16A1PPE000/

国勢調査では生涯未婚率が男性で20%、女性で10%と過去10年で男性が7.6ポイント、女性が4.8ポイント上昇しています。今後も上昇して35年に男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯独身になるといいます。

一人暮らしの生活費は一般的に割高になりやすいとされていて、これは老後にも当てはまる。総務省の家計調査で65歳以上の単身無職世帯をみると、1カ月の支出は平均15万円あまりで、夫婦世帯の1人当たり換算に比べて約2万円多いんだ。ほぼすべての項目で上回っていて、なかでも交際費は6000円も多い。総務省統計局調査官の佐藤朋彦さんは「特に女性で交際費が多い傾向がある」と話していました。家族がいない分、いざという時に助けてもらえる友人を意識してつくっているのかもしれません。

65歳以上の単身世帯は月平均15万円あまり支出しているのに対し、収入は3万6000円不足している。社会保障給付だけでは賄えないから、貯金などの金融資産を取り崩している例が多いとみられている。

おひとりさまの交際費が特に女性で高いという点に興味を持ちました。あとはやはり生涯未婚率の上昇っぷり。