ストーカー・虐待 後絶たず 女性や子供どう守る? 地域と警察 連携重要に

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG14H7Y_U6A110C1CC1000/

全国の警察が把握したストーカー被害は13年に2万件を超え、14年は約2万2800件で過去最多を更新。被害者側から相談を受けて警察が介入していたにもかかわらず、傷害や殺人を防げなかったケースもある。

高齢者らを狙った振り込め詐欺などの「特殊詐欺」も根絶にはほど遠い。警察庁によると、15年1~11月の特殊詐欺の認知件数は1万1331件で、前年同期より2.7%増加。被害額は423億円に上り、前年同期と比べれば15.7%減ったが依然として高い水準のままだ。

15年上半期の段階で、全国の警察が摘発した子供に対する虐待事件の被害者は386人。積極的に摘発するようになっていることも影響しているとみられるが、過去最多だった前年1年間の708人を上回るペースだ。

どれも性質が違うものですね。特殊詐欺は対策が取れるとして、ストーカーや児童虐待は根深い社会問題。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です