海外留学8年ぶり増 中国へ2万人、米抜き最多 12年、文科省「内向き志向改善」

9695999993819695E0E59AE5998DE0E5E2E0E0E2E3E79180EAE2E2E2-DSKKZO8378813027022015CR8000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG27H7K_X20C15A2CR8000/

2012年に海外留学した日本人は6万138人(前年比2637人増)となり、8年ぶりに増加に転じたことが27日、文部科学省のまとめで分かった。経済のグローバル化を背景に留学への関心が高まり、文科省は「若者の『内向き志向』に改善がみられる」と分析。国は20年までに12万人に倍増させる目標を打ち出し、奨学金の拡充などで後押ししている。

欧米留学は減少傾向にあり、東アジアの人気が高まっている。特に中国への留学生が増加した要因について、文科省は「経済成長を背景に、中国の有力大学と協力関係を結ぶ日本の大学や研究機関が増えている」(学生・留学生課)と分析している。

日本学生支援機構も27日、昨年5月時点で日本の大学などに在籍する外国人留学生数を発表した。全体では13万9185人となり前年比2.7%増加した。出身国・地域別では中国が7万7792人で同5%減、韓国が1万3940人で同9%減だったのに対し、ベトナムが前年の1.8倍の1万1174人に増えた。

留学生数が盛り返してきてるのが興味深い。中国留学が多いというのは意外です。むしろ東南アジアの方が良いんじゃないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です