高齢者の体調気遣い支援 熊本地震2週間、避難なお3.7万人 無料マッサージや歯科検診

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG27H89_X20C16A4CC1000/

約250人が避難する河原小学校。エコノミークラス症候群を予防するため、熊本赤十字病院の保健師らが足の血行を良くする方法を指導して回った。約650人が避難する嘉島町民体育館では、被災者に柔道整復師が無料でマッサージしている。

益城町総合体育館では歯科検診も実施。毎日20人前後が訪れるが、歯磨きが十分でない人も多く、熊本県歯科医師会の竹下理事は「これから気温が上がると、感染症にかかりやすくなる」と注意喚起する。

車中泊を巡っては、思わぬ事態も起き始めた。JAF熊本支部には地震発生後、通常の2倍の緊急出動要請がある。エンジンを止めたままで車内テレビや室内灯をつけっ放しにし、バッテリーが上がるトラブルが最も多いという。

高齢者など本当に気の毒に思います。お独りの方も多くいらっしゃると思いますし。早期安心を願います。