服薬自殺未遂繰り返さないで…精神科医の診察重要 東大調査、実施率は44%どまり

9695999993819695E2E59AE49A8DE3EAE2E3E0E2E3E49180EAE2E2E2-DSKKZO9626855019012016CR8000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG07H6H_Y6A110C1CR8000/

東大の研究グループが、睡眠薬などの過量服用で救命救急センターに搬送された患者のうち、退院した2万9564人を調査したところ、精神科医が診察したのは1万3035人(44%)だった。精神科がある大学病院などの救命救急センターに搬送された女性や統合失調症などの患者が多かった。

精神科医の診察を受けた患者と受けなかった患者から、年齢や服用した薬の種類などの属性が似ている患者をそれぞれ7938人抽出。過量服薬で再入院した割合を比較したところ、診察を受けた患者は7.3%だった一方、受けなかった患者は9.1%で「統計的に意味のある差が出た」(同グループ)。

自殺者は減少傾向。電話相談など対策の効果はどうなんでしょう?より踏み込んだ対策も必要だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です