訪日客・再開発が地価けん引 銀座、最高を更新/心斎橋、45%の急騰/名古屋、リニア期待

9695999993819481E0E39AE2E18DE0E0E2E1E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO9874459022032016EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS21H03_S6A320C1EA2000/

過去最高の公示地価を記録した銀座を抑え商業地の地価上昇率で首位となったのが心斎橋。銀座と並ぶ「爆買い」の中心地だ。大丸の旗艦店である心斎橋店では、2016年2月期の免税品売上高が前の期に比べ2倍以上になった。ラオックスが同社最大級の免税店を開業するなど訪日客の増加を当て込んだ投資が止まらない。

「ニセコ」を擁する北海道倶知安町の住宅地は19.7%上昇し、住宅地の伸び率で首位となった。周辺で外資系ホテルの建設が相次ぐ。訪日客がこの5年で倍増した大分県の由布院温泉では、人気エリアの街道そばの商業地が15.4%上昇した。

都市部のもう一つの押し上げ要因が再開発だ。「虎ノ門ヒルズ」が開業した虎ノ門地区では、国家戦略特区を活用した地下鉄日比谷線の新駅建設を含めた再開発が続く。JR名古屋駅前では「大名古屋ビルヂング」が全面開業した。福岡も再開発ラッシュに沸いている。

自分の住む街の地価なども見てみると意外性があったり面白かったです。人の流れが一番影響大きいですね。