「ゆとり世代」が物価2%の壁 インフレ知らず悲観的… 乏しい物欲、消費より貯蓄

9695999993819594e0e69ae2978de0e7e3e2e0e2e3e49c9ce3e2e2e2-dskkzo0896968031102016nn1000-pb1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGF24H0E_V21C16A0NN1000/

若者が消費低迷のやり玉にあがるのは、稼いだ額に見合うお金を使っていない面があるからだ。可処分所得は多くの年代で減少したが、30歳未満では99年から14年の間に逆に2%増えた。一方で消費が減った結果、貯蓄率は15.7%から30.9%へとほぼ2倍に高まった。全年齢平均の貯蓄率の上昇幅は5.8ポイントなので、若者がお金をため込んでいるように映る。

インフレを知らないからお金を寝かしておくリスクにも実感がわかない。野村証券の試算によると29歳以下の若者の1年後の物価上昇予想(期待インフレ率)は1.9%だ。全世代平均は2.1%で、インフレを知らない若年層の物価上昇「期待」は一貫して低めだ。

若者の音楽離れが指摘されるが、音楽ライブの年間売上高はこの5年で2倍以上に増加した。モノから、イベントや旅行といった「コト」への消費シフトが進み、ハロウィーン市場は今やバレンタイン関連を抜いた。テレビなど民生用機器の出荷額は5年間で7割近く減ったが、スマホの普及率は約7割に高まった。

ゆとり世代の消費傾向理解が深まりました。期待インフレ率も低めということは確かに黒田日銀政策からすれば壁です。