30代後半女性の体力低下 昨年度、過去最低 日常の運動不足影響?

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22038990Y7A001C1CR8000/

上体起こしや反復横跳びなど6種目で調べた20~64歳のうち、35~39歳女性は4年ぶりに過去最低を更新。最も高かった99年度より2.5ポイント低く、特に持久走や立ち幅跳びの低下が目立った。45~49歳の男女は06年ごろをピークにほぼ横ばいが続く。

対照的に50代は一貫して運動能力の改善が続き、98年度から3ポイント近く上昇した。65歳以上では、75~79歳女性が3年連続で過去最高だった。高齢者はいずれの世代・性別でも、この20年で5~6ポイント前後と大幅に向上している。

調査に関わった順天堂大の内藤教授(運動生理学)は「元気に過ごせる健康寿命が伸びていることに加え、特に60代以上の世代は東京五輪後に運動する機会が増えた世代で、高齢になっても運動に前向きな傾向が強い」と指摘。「一方、30~40代は日常的に運動する頻度が低い。運動したくても仕事や家事でできない人が多いのでは」と分析する。

60代以上は東京五輪後に運動する機会が増えた世代という分析はなるほどと思いました。