有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16591420Y7A510C1TI1000/

LVMHの1~3月期売上高は98億8400万ユーロ(約1兆2400億円)と前年同期比15%増えた。グッチを保有する仏ケリングも同31%も伸びた。一方、英バーバリーが発表した3月期通期の売上高は前の期比10%増えたが、既存事業ベースでは同2%減と不調。

二極化の一因は商品戦略にある。新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びている。グッチは14年まで苦戦したが、経営体制の刷新を機に商品の幅を広げ、立て直しに成功した。エグザンBNPパリバのソルカ氏はアジアの中間層など新規顧客の流入一巡が背景にあると指摘する。「リピート顧客の割合が上昇している。変化のある商品を出さなければ存在感が薄れる」

需要変化への対応が遅れたブランドはリストラに動く。ラルフ・ローレンは、ニューヨークにある旗艦店の閉鎖を決めた。一方、コーチは同業のケイト・スペードを買収すると発表した。LVMHを実質的に支配するアルノー家のグループ会社はクリスチャン・ディオール社を完全子会社化。強いブランドが他のブランドを取り込みさらに強くなる、という合従連衡が今後さらに進む可能性もある。

新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びているとのこと。リピーターが増えているので変化のある商品が求められているようです。


「ミレニアル世代」米消費の主役 健康・身の丈・テレビなし

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO89821860X20C15A7FFB000/

米国ではCATVに月額数十ドルを払って番組を見ることが一般的だったが、「デジタル・ネーティブ」のミレニアル世代はテレビを見ない。スマートフォンやパソコンで動画を視聴する。CATVを解約する「コード・カッティング」が社会現象となり、ネットフリックスの米国内の6月末の視聴者数はコムキャストの2倍弱だ。

ミレニアル世代は健康意識も高い。ある20代女性は「健康に悪いイメージがあるからファストフードには行かない」。オーガニック食品に強い高級スーパー、ホールフーズ・マーケットには足しげく通う。学生ローンを抱え、リーマン・ショック後の不況を経験し、高給職になかなかつけない世代は価格にも敏感。価格も抑える。

アバクロンビー・アンド・フィッチは苦戦が続く。「アバクロ」ブランドの店舗は10年末に米国内で316店あったが、今では2割減った。同社はロゴがない商品を増やすなど戦略を転換した。ミレニアル世代はブランドを誇示するデザインを嫌う傾向があるためだ。

面白い。本当に数年で消費傾向が変わりますね。日本ではどうなんでしょう。アバクロに肉体美店員はまだいるんでしょうか。