謎×経済 ナゾノミクス GDP 「ほどほど成長」は悪い? 背伸びこそ社会の活力

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16058960V00C17A5EA3000/

政府が高い目標を掲げるのは、低成長では満足いく暮らしができない人が出ると考えるためだ。例えば1989年まで20%以下だった非正規雇用の割合は16年には37.5%に上昇。景気の先行きに不安を覚えた企業が正社員の採用を控えた。

企業にとって「魅力ある国」かどうかも大切だ。アジアでは年7%近く成長している中国だけでなく、東南アジアの各国も年5%程度成長している。これから新たな投資をする企業の視線は、成長が期待できる国に向く。投資が集まらなければ働く場が生まれず、「ほどほど」を保つことすら難しくなる。

これからの日本はどうすれば成長できるのか。SMBC日興証券の宮前シニアエコノミストは「歴史をひもとくと、新産業が生まれた時代に経済は大きく上向いた。成熟した日本でも技術革新を進め、海外で売れるコンテンツを育てられれば、まだ成長できる」と話す。

低成長では満足いく暮らしができない人が出る、という前提を疑うところから考える必要があると思います。


GINZA SIX開業 241店「高級感あふれる」 ブランド・コト消費 熱視線

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ20HSR_Q7A420C1TI5000/

J・フロントリテイリングや森ビルなどは、松坂屋銀座店跡を再開発したGINZA SIXを開業した。銀座で最大の4万7千平方メートルの商業フロアには、海外ブランドが一堂に会する。三越銀座店や松屋銀座店、高級ブランドの旗艦店がそろうことで、国内外から訪れる富裕客の争奪戦が一段と激しくなりそうだ。

Jフロントの山本社長は「ようやく開業できてうれしい。施設の持つ力に期待している」と笑顔で話した。百貨店が築き上げたノウハウが通用しない時代になったと判断。高級ブランドやコト消費に関わるテナントを積極的に誘致した。「脱百貨店」を推し進める。

東京・銀座ならではですが、こういうLUXURYな施設も今の日本には消費低迷しているからこそ必要だと思います。