有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16591420Y7A510C1TI1000/

LVMHの1~3月期売上高は98億8400万ユーロ(約1兆2400億円)と前年同期比15%増えた。グッチを保有する仏ケリングも同31%も伸びた。一方、英バーバリーが発表した3月期通期の売上高は前の期比10%増えたが、既存事業ベースでは同2%減と不調。

二極化の一因は商品戦略にある。新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びている。グッチは14年まで苦戦したが、経営体制の刷新を機に商品の幅を広げ、立て直しに成功した。エグザンBNPパリバのソルカ氏はアジアの中間層など新規顧客の流入一巡が背景にあると指摘する。「リピート顧客の割合が上昇している。変化のある商品を出さなければ存在感が薄れる」

需要変化への対応が遅れたブランドはリストラに動く。ラルフ・ローレンは、ニューヨークにある旗艦店の閉鎖を決めた。一方、コーチは同業のケイト・スペードを買収すると発表した。LVMHを実質的に支配するアルノー家のグループ会社はクリスチャン・ディオール社を完全子会社化。強いブランドが他のブランドを取り込みさらに強くなる、という合従連衡が今後さらに進む可能性もある。

新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びているとのこと。リピーターが増えているので変化のある商品が求められているようです。


持たざる経済(2)「シェア」は節約にあらず ぜいたくの裾野広く

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO91067020Y5A820C1EE8000/

ソーシャルアパートメントの賃料は同水準のワンルームマンションに比べれば2割ほど高いが、年300~400戸の供給に対し、5千人から問い合わせがあるという。「広く、安く」というのが従来の賃貸住宅の常識だが「共有に価値を見いだしお金を払う若者が増えている」(山崎剛社長)。

「シャネル」「エルメス」「グッチ」――。エスが手掛けるブランドバッグのシェアリングサービス「ラクサス」の登録者は、スタートから半年で4万人を超えた。アプリで2000個のバッグから好きなモノを選び無期限で借りられる。

シェアリングが普及すればモノを買う機会が減る分、単純に考えれば市場縮小につながるが、新たな需要開拓につながる可能性もある。エアークローゼットの衣服もラクサスのバッグも気に入ったら買い取ることができる。実際、ラクサスの登録者からは買い取り希望が後を絶たないという。

ラクサス知りませんでした。シェアリングエコノミーはもはや消費の本流ですね。


外資、中国で化粧品など値下げ 関税下げで消費刺激、資生堂・ロレアル「購入喚起」/グッチは半額セール

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766051003062015FFE000-PB1-2

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766052003062015FFE000-PB1-2

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766053003062015FFE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDX03H18_T00C15A6FFE000/

中国政府の発表によると、関税の引き下げ対象としたのは化粧品(5%から2%)のほか、毛皮の衣料品(23%から10%)、靴、スーツ、紙おむつなど。大きく拡大した内外価格差を是正することで、景気が減速する国内に消費を呼び戻すのが狙いだ。

中国人が海外で商品を大量消費した結果、中国の旅行収支は昨年に1千億ドル(約12兆円)超の赤字にまで拡大した。ベイン・アンド・カンパニーによると、2015年の中国本土の高級品市場の実質成長率は前年比2~4%減になる。一方で中国人旅行者が増える日本は7%増の見通し。

内外価格差の是正で消費が長期的に成長軌道に戻るかどうかは不透明だ。中国国内で買うと高級ブランドではにせものではという不安がつきまとうし、食品などでは安全・安心の問題が残る。こうした不信感をなくさないと本格的な国内回帰とはいかないようだ。

中国の高級品市場はマイナス成長かつ、海外で爆買いするから、旅行収支は大赤字。価格差是正をカンフル剤にしたいようです。訪日影響もあるかもしれません。