マンガ×IT 創造力の船出

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23057850S7A101C1TCR000

ローランド・ベルガーによると、海外のコンテンツ市場における日本のシェアは14年で2.5%どまり。「権利関係が複雑で、大胆な意思決定ができない」。中野パートナーは業界の問題を指摘する。マンガはシェアこそ高いが、市場自体は小さく、拡大の余地がある。

バンダイナムコグループは看板アニメ「ガンダム」を海外で無料配信している。海賊版に先手を打ち、プラモデル販売などトータルで稼ぐ発想だ。日本のアニメを海外で売る住友商事は、アニメのゲーム化でグリーと提携した。相乗効果で事業を大きくする。

ITは仕事を奪う敵だ、ととらえるのは賢明でない。マンガやアニメの制作現場でAIを使えば、工程の一部を自動化でき、人手不足を補える。作品の翻訳も容易で販売機会が増える。権利を守りつつ広くコンテンツを流通させることも、仮想通貨の基盤技術ブロックチェーンなら期待がもてる。

マンガは伸びしろ大きいようです。AIの活用もますますカギになってきて、攻めの動きも出てきています。


ネット通販、動画花盛り 1分で商品紹介、生中継も Cチャンネル、画面ボタンで購入/メルカリ、買いたい人が直接質問

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ13HZ8_T10C17A7TI1000/

有名モデルやネット上のインフルエンサーが衣料品や化粧品、日用品など商品を紹介するCチャンネルの動画。気に入ればすぐに購入できる。14日には、サマンサタバサジャパンリミテッドと提携し、ミランダ・カーさんを起用した動画を配信する。

メルカリチャンネルは、商品を販売したい利用者がライブ動画を流せる仕組みだ。商品の使い方などを直接説明できるほか、利用者側も出品者に直接質問でき、疑問をすぐに解決できる。

動画制作ベンチャーのキャンディーは、スマホのライブ動画を視聴して商品を購入できるアプリを始めた。ファッション通販サイトを運営するクルーズと提携。6月30日から7月7日にかけて、原宿のカリスマ店員など著名人が出演する30分程度の動画を配信、夏物衣料のセールを実施した。

Cチャンネルここへ来て存在感増してきました。経営手腕さすがです。ますます動画マーケティング重要ですね。


ベビーシッターや介護、ネット仲介で利用便利に ポピンズやMCS参入

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ06IOP_W7A200C1TI5000/

ポピンズはスマートシッターを完全子会社にした。スマートシッターはベビーシッターの利用希望者に対し、ネット上で希望に合う保育士や幼稚園教諭などと引き合わせるサービスを手掛ける。ポピンズは自社のシッターサービスより料金が安く、短時間の利用にも対応するネット仲介を加えることで高所得者層に偏っていたシッターの利用を中間層にも広げる。

MCSは関連会社のオーボックスを通じ、介護の仲介サービスを始める。1時間2000円程度を想定する料金は介護保険が適用されない自費サービスとなり、利用者にとっては割高になる。ただ、食事・排せつ介助といった従来の介護サービスに加え、家族向けの食事の用意といった「保険外」のサービスも同時に受けられるようになる。

ネット仲介は手ごろな料金設定や多様なサービス内容などで利用者の利便性向上につながる一方、シッターや介護従事者も週2~3回といった働き方が可能になる。大手の参入でネット仲介の認知度が高まれば、ベビーシッターや介護の利用の裾野は広がる。

潜在保育士への周知が重要だと思いますが、国を上げて取り組んでいるので補助金とか出るんでしょうか。


フィンテックで特許訴訟 会計ソフトのフリー、同業相手に シェア争い、市場拡大に影響も

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO10469750Y6A201C1TI1000/

フリーが侵害されたと主張しているのは会計ソフトの特許。銀行口座の明細情報に基づき、様々な資金の出入りをネット上で自動仕訳する。入力の手間は大幅に省ける。同ソフトのユーザーが13年3月の発売以降、約60万事業所まで増えた原動力だ。

フリーが問題視するのは、マネーフォワードが8月に競合サービスで機械学習を活用した自動仕訳機能を採用したことだ。これが特許に抵触すると判断、9月末に協議を申し入れる。相手は日程再調整を求めたが、フリーは待てなかった。マネーフォワードは「特許侵害の事実は一切ない」とのコメントを出した。

フォーサイト総合法律事務所の大村健弁護士は「フィンテックの有力企業が訴訟対応で開発に注力できなくなれば、業界の発展が遅れかねない」と指摘する。新産業育成には参入企業が技術をクロスライセンスし、需要を喚起する選択をすべきだとの考えも多い。

freeeの技術の根幹となる部分ということで強い抑止に動いたということですね。ただ知財訴訟は長期で費用もかさむのでベンチャーには重しとのこと。


小規模リフォーム、定額で 節約志向で料金明瞭に 住友不、1畳2万円 ミサワホーム、1平方メートル7万円

96959999889DE2E6E1E5E1E4E2E2E2E3E2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0437362001072016TI5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO04373600R00C16A7TI5000/

住友不動産は戸建て向けに部屋単位の定額制リフォームの販売を始めた。天井と壁のクロスを張り替え、壁と床の継ぎ目の保護材も交換。フローリングは新品を重ねて取り付ける。料金は洋室で1畳相当の面積あたり税別2万円。同社は戸建ての大規模リフォームで知られるが、小規模工事の需要が堅調なことから、この分野のサービスを拡充。

リフォーム業界では間取り変更を伴うような大規模改修の提案に力を入れてきた。リフォームローンは新築の住宅ローンより金利などの条件が厳しい。消費者の節約志向や増税延期もあって大規模工事の大幅な増加は見込みづらくなってきた。

一方、小規模工事の需要は底堅い。国土交通省の2014年度の住宅市場動向調査によると、模様替えなど比較的小規模な工事が83.6%と13年度より3.1ポイント増えた。増築や改築を伴う大規模工事は3.4ポイント減った。

ニーズ多様化してますし、こういうきめ細かなサービスはリフォーム業界だけでなく求められていると思います。


モバイル革命の発火点 ドコモ、iモード開始 世界市場、米国勢が席巻

96959999889DEBE6E0EBE4EBE2E2E0E3E3E3E0E2E3E7868895E2E2E2-DSKKZO9429692021112015TZG000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO94296900R21C15A1TZG000/

ドコモの榎啓一率いるiモードチームは異彩を放つ。リクルート出身の松永真理、ITに詳しい夏野剛をスカウトし、集めたメンバーはおよそ50人。業界の常識に縛られない柔らかな発想ができた。

「We respect you.」。07年初め頃、夏野は米国からの来訪者に熱く語りかけられた。エリック・シュミットだ。携帯での検索が日本で急増したのを見て、世界に広がると判断。モバイルでのネット利用を促すため携帯用のOSを開発しようと、iモードを手がけた夏野に協力を求めた。

グーグルでは、検索や地図サービスのモバイル版の開発に日本法人の技術部隊が深くかかわる。ドコモで夏野の部下だったジョン・ラーゲリンはグーグルでアンドロイドを担当し、さらに米フェイスブックに移ってモバイル分野の幹部を務める。

当時は何気なく使っていましたが、iモードの凄さを思い知らされる記事です。深掘りしてみたいです。


グリー、純利益23%減 前期173億円 スマホゲーム、ヒット作なく 田中社長「7~9月が底」

96959996889DE5E7E4E0E4E4E5E2E3E1E2EAE0E2E3E6968693E2E2E2-DSKDZO7562669013082014DTA000-PB1-2

グループで40本前後の新規ゲームを配信したが、スマホにダウンロードして遊ぶアプリでヒット作を出せなかった。強みだったブラウザーを使った既存ゲームでは利用者離れが進んだ。収益の大半を占める課金収入は2割弱減った。

アプリの開発体制も強化することを明らかにした。300人体制だったアプリ開発人員を3倍以上となる1000人に拡大。一方、ユーザー層がしぼんでいるブラウザーゲームは人員を削減。

やはりゲーム業界はヒットが出るか出ないかで大きく業績に影響ありますね。投資するなら投機的要素があることを感じています。


ベビーシッター、利用しやすく グリー、ネットで指名

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ1203G_S4A810C1TI0000/

グリーが始める「スマートシッター」は顔写真や資格、子育て経験などを確認しながら依頼する相手を決めることができる。利用料は自分の能力や資格などに応じてシッター側が提示する。

これまでは仲介業者がシッターを選ぶ例が多く、依頼者は当日に初めて顔をあわせることが多かった。グリーは登録前に全てのシッターと面会する仕組みを設ける。

ニーズをとらえたマッチングサービスですね。


「株長者」の顔ぶれ 新興ネット企業の創業者躍進

96959996889DE5E1E1E0E0E0E4E2E0E7E2E4E0E2E3E6968693E2E2E2-DSKDZO7332227025062014DTA000-PB1-2

孫氏はソフトバンク株を19%保有し、その価値は1兆8000億円に達した。1年前から約7割増加した。積極的な海外M&A(合併・買収)や出資先企業の成長性への評価で、ソフトバンクの株価が大きく上昇したためだ。

2位はファーストリテイリングの柳井正会長兼社長、3位は楽天の三木谷浩史社長でいずれも資産価値が2割強増えた。上位3者は昨年と同じだった。柳井氏は息子が、三木谷氏は妻が上位にランクインしているのも特徴だ。

スマートフォン向けゲームで利益が成長したコロプラの馬場功淳社長は5位に急浮上した。衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長は昨年の17位から10位に順位を上げた。

興味深いランキングですね。孫さんが断トツ。柳井さんも圧倒的。