有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16591420Y7A510C1TI1000/

LVMHの1~3月期売上高は98億8400万ユーロ(約1兆2400億円)と前年同期比15%増えた。グッチを保有する仏ケリングも同31%も伸びた。一方、英バーバリーが発表した3月期通期の売上高は前の期比10%増えたが、既存事業ベースでは同2%減と不調。

二極化の一因は商品戦略にある。新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びている。グッチは14年まで苦戦したが、経営体制の刷新を機に商品の幅を広げ、立て直しに成功した。エグザンBNPパリバのソルカ氏はアジアの中間層など新規顧客の流入一巡が背景にあると指摘する。「リピート顧客の割合が上昇している。変化のある商品を出さなければ存在感が薄れる」

需要変化への対応が遅れたブランドはリストラに動く。ラルフ・ローレンは、ニューヨークにある旗艦店の閉鎖を決めた。一方、コーチは同業のケイト・スペードを買収すると発表した。LVMHを実質的に支配するアルノー家のグループ会社はクリスチャン・ディオール社を完全子会社化。強いブランドが他のブランドを取り込みさらに強くなる、という合従連衡が今後さらに進む可能性もある。

新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びているとのこと。リピーターが増えているので変化のある商品が求められているようです。


米輸出・投資に冷水 1~3月成長率、市場予想下回る 景気先行き底堅さも

96959999889DEAE4E0EAE5E2E6E2E1E2E2E6E0E2E3E79494E0E2E2E2-DSKKZO8628397029042015FF2000-PB1-2

96959999889DEAE4E0EAE5E2E6E2E1E2E2E6E0E2E3E79494E0E2E2E2-DSKKZO8628705030042015FF2000-PB1-2

96959999889DEAE4E0EAE5E2E6E2E1E2E2E6E0E2E3E79494E0E2E2E2-DSKKZO8628372029042015FF2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86287040Q5A430C1FF2000/

米景気の焦点は今春以降にどこまで上向くかだ。IMFは15年の米成長率見通しを昨秋予測から0.5ポイント引き下げつつも3%台を保った。低金利と自動車や住宅の旺盛な購買意欲に支えられ、先行きの基調はまだ底堅いとみている。住宅市況底打ちの兆しも一部に出ており、市場でも、15年後半から2%台後半を軸とした安定成長軌道に復帰し、雇用も再び上向くとの期待は根強い。

市場では1~3月期の成長減速について「ほぼ織り込み済み」(米大手銀ウェルズ・ファーゴ)との受け止めが大勢だ。14年をはじめ第1四半期に天候などで景気が足踏みし、4~6月期に入って急回復するパターンをたどる年も珍しくない。1~3月期実質GDPの内容を踏まえ、15年の成長率見通しを従来よりもやや下方修正せざるを得ないとの声はあるが、年後半から16年にかけて米景気の先行き自体にはなお強気の向きも多い。

雇用回復やガソリン価格低下で家計の実質所得が増えてきたり、金融機関が貸し出し条件を少しずつ緩和したりしていることで住宅市況の刺激効果が強まるとの期待感も強い。ドル高による企業収益の不振といった負の側面をどこまで消費増でカバーできるかがカギを握りそうだ。

減速については織り込み済みとの受け止めが大勢だそうです。焦点の利上げ時期についてはまだ未定です。