ウーバー、遠い全国展開 京丹後でサービス1年 規制が壁

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ26I2B_W7A520C1TJ2000/

乗客はウーバーの配車システムで現地のNPO法人に登録した一般の運転手を探し、自家用車で運んでもらう。NPO法人とウーバーは、1年の合計走行距離が6754キロメートルで、利用回数が月平均で60回以上だったと発表。人口約5400人の丹後町に限ったサービスで、一定の利用にとどまった。

ウーバー日本法人の高橋社長は「他の自治体からも問い合わせがある」といい、昨年8月に北海道中頓別町で実証実験を始めた。ただ、1年を過ぎても対象地域を全国に広げるめどは立たない。現行制度では、有償で乗客を運ぶ運転手は「第二種運転免許」の取得が義務。2カ所は国土交通省が認めた例外にすぎない。

警戒するタクシー業界はこの1年で「ウーバー包囲網」を整えてきた。東京23区などで初乗り運賃を引き下げ、短距離で気軽に乗れるようにした。日本交通は年内にも、韓国のカカオのタクシーアプリでの配車受け付けを始める。訪日した韓国人観光客を世界的な知名度で勝るウーバーに流出させない取り組みだ。

まだまだ全然という感じで、既得権益の壁は厚いことを再認識しました。ウーバー包囲網もその間に着々と。


スマホの次 三つどもえ AIスピーカー、グーグル日本上陸,アマゾン・MS 音声認識向上

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ18I2W_Y7A510C1TI1000/

米グーグルは、日本語に対応した会話型AI「グーグルアシスタント」を載せた製品を年内をめどに発売すると発表した。スマートスピーカーは居間や台所に置き、人が話しかけて欲しい情報を検索したり、音楽を再生したりする機器。

アマゾンは14年秋に、独自の会話型AI「アレクサ」を載せたスマートスピーカー「エコー」(約180ドル)を発売した。リモコンを使わず家電を操作できる便利さが人気で、キンドル以来のヒット商品となった。

市場が成熟したスマホの次の成長分野として、スマートスピーカーへの関心が高まった背景には、音声認識精度の飛躍的な向上がある。グーグルのピチャイ氏によると、深層学習を取り入れた結果、同社のAIが人間の言葉を聞き間違える確率は1年弱で8.5%から4.9%に下がった。

スマートスピーカーはスマホの次の成長分野ということで注目。まだWantsありませんが、ゆくゆく生活に浸透するのだろうと思います。


チェコ発、トップシェアの無料ウイルス対策ソフト

96958a99889de2ebe7e6eae4eae2e3e7e3e3e0e2e3e49ae7e493e2e2-dsxkzo0954869015112016h56a00-pb1-9

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO09548680V11C16A1H56A00/

体験期間の終了後も無料でウイルス対策ソフトを使いたいという消費者を取り込み、アバストは導入端末を世界で4億台に増やした。そのうちの3%が、プライバシー保護など便利な機能を備えた有料版を使用し、ビジネスを成り立たせている。

アバストがソフトの普及で頼っているのが、SNSなどによる口コミ効果だ。口コミを重視し、知名度を高めるための宣伝活動はあえて控える。無料にすることでソフトを導入する端末台数を増やし、性能とSNSでの評判を上げるという好循環を生み出すことに成功。

そんな勝利の方程式がこれまで通用しなかったのが日本だ。導入端末は500万台で最も多い北米の10分の1以下。中国などと並び主要市場の中で最も開拓が遅れている国の1つに挙がる。

どこかで聞いたことはありましたが、アバスト良いですね。無料で十分そうですし、今度乗り換えようと思います。


相次ぐ兼業解禁論 多様な働き方進むか

96959999889de2e5eaebeae1e7e2e2e3e3e2e0e2e3e49c9ce3e2e2e2-dskkzo0789836001102016nn1000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07898350R01C16A0NN1000/

「兼業や副業は当たり前に」と提言したのは、厚生労働省の有識者会議「働き方の未来2035」懇談会。経済同友会も「兼業禁止規定の緩和を」と同調した。背景には、米国を中心に新たな働き方が急速に広がり、近い将来に日本にも波及するとの問題意識がある。

個人が柔軟に働く場所や時間、仕事の内容を選びやすくする。そんな観点で企業と働き手の関係を再定義しようという考え方が兼業解禁論の底流にある。もちろん兼業は例の一つ。大事なのは、個人の多様性を多様な場でいかし「イノベーションを促す」(経済同友会の橘氏)点だという。

日本でも長い目でみた企業と働き手の関係が変わっていけば、労働法制や税・社会保障制度の見直しは避けられない。失業時の安全網も再構築が必要になるだろう。

そもそも会社が社員の副業を禁止する法律はなく、労働時間の範囲外は基本的に自由が原則だそうです。


駐車場シェア急拡大 住商、最大手と提携 法人開拓、パーク24も

96959999889de2e5e5e3e3e1e2e2e0e5e2ebe0e2e3e4869be3e2e2e2-dskkzo0771132027092016ti1000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07711300X20C16A9TI1000/

住商の営業支援もテコに、アキッパは2017年中に登録駐車場を約3倍の2万カ所へ拡大する計画。両社の提携では、住商のグループ企業や取引先が、持っている駐車場をアキッパを通じて貸し出したり、アキッパの駐車場を使ったりする。

駐車場シェアが広がる背景には、都心などでの駐車場不足と利用料金の安さ、事前に予約ができる便利さがある。例えばイベントが開かれた際、周辺のコインパーキングはすぐ満車になってしまう。

パーク24は8月、個人向けで参入した。すでに駐車場シェア事業で約2千台分を管理しており、一般個人会員は約580万人。17年初めをめどに駐車場シェアで法人向けに参入する検討に入った。

カーシェアは当たり前になりましたが、駐車場シェアも当たり前に使う時が来るのだろうと思いました。


アップル「守り」鮮明 新iPhone発表 異例の日本モデル 数少ない成長市場に照準

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM08H7C_Y6A900C1EA2000/

iPhoneの生産規模は億単位で、大幅な部品変更には時間がかかる。アップルは従来、2年周期でデザインを大きく変えてきたが、その時間軸を延ばさざるを得なくなっている。今回はデザインを大幅に変更する冒険をしなかった。防水性とカメラ機能の改善という弱点の克服に集中し、守りを固めた。

日本に限定して「フェリカ」チップの搭載端末を売る。アップルのシェアが高い日本で不満の種だったスマホ決済への対応を始める。「スイカ」などが利用できるところでiPhoneで決済できる。「アップルペイ」も始まる。

アップルの4~6月期の売上高を地域ごとにみると、中国が前年同期比で33%減、米州は11%減、欧州は7%減った。主要な市場が軒並み落ち込むなかで、日本は23%増えた。ここ数年でも日本の売上高は安定して推移してきた。「ミニマリズム」と呼ばれる簡素なデザインが特徴のアップル製品は、シンプルなデザインを好むとされる日本人の間で人気が高い。

中国が33%減というのが強烈です。売上の1/4と言いますから痛手ですね。本当に今回は守り鮮明。


デジカメなど縮小20市場、上位3社のシェア拡大 国内102品目 15年調査 開発・販売力で優位

96959999889DE2E7E3EBE1E3E6E2E0E6E2E5E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0519316024072016TJC000-PB1-2

96959999889DE2E7E3EBE1E3E6E2E0E6E2E5E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0519317024072016TJC000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05193140U6A720C1TJC000/

2015年の国内の「主要商品・サービスシェア調査」(対象102品目)では、インクジェットプリンターやビール系飲料など縮小する市場で上位3社がシェア合計を拡大した品目が目立った。商品開発力や販売力に勝る上位企業の存在感が高まっている。

デジタルカメラでは、首位のキヤノンと2位のニコンがそれぞれシェアを上げ、ソニーも含めた上位3社のシェアは66.7%と14年から2.1ポイント高まった。スマホと競合する安価なコンパクトカメラから多くの企業が撤退しており、ブランド力のある上位2社のシェア向上につながった。

中小企業はシェアを奪われているということになりますね。開発力や販売力の差が本当に大きいんだろうと思います。