インド人CEOが告げる未来 世界は「頭脳貯蓄」を競う

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16674930R20C17A5TJC000/

約300万人が暮らすシリコンバレーは、住民の4割近くを外国出身者が占める多民族社会。ベンチャー企業の創業者やIT企業の社員に限れば、インド人の存在感は断トツだ。背景には、独特の理系教育で身につけた論理的思考力や英語力を武器に続々と海を渡る人材の厚みがある。

「国内には優秀なみなさんがここにやって来ることを『頭脳流出』だと問題視する声があるが、私はそうは思わない。みなさんはいつか祖国の発展に貢献してくれる。そのための『頭脳貯蓄』だと考えている」。2年前、シリコンバレーを訪れたモディ首相は競技場を埋め尽くした1万8000人の同胞にこう語りかけた。

ヒーローとなったナデラ氏やピチャイ氏らは祖国に凱旋してインフラ整備や雇用創出への協力を約束。マネーや人材の還流はすでに始まっている。中国や韓国と比べても日本の存在感は低い。東京とシリコンバレーに拠点を構えるベンチャーキャピタル、WiLの伊佐山CEOは「頭脳流出への懸念が先に立ち、外に出て挑戦する人を支援する姿勢も体制も不十分だ」と嘆く。

シリコンバレーではインド人の存在感が断トツ。モディさんも「頭脳蓄積」に明確な論理を持っているようです。


フェイスブック、先回りの防御網 有望AR、競合の芽摘む 19億人経済圏 死守

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15513860Z10C17A4TI1000/

「カメラを最初のARプラットフォームにする」。シリコンバレーで開いたF8で、ザッカーバーグCEOは宣言した。

はやり廃りが激しいソーシャルメディアの世界で、王者として君臨し続けているフェイスブック。その一因は、自らを脅かす存在になりうると判断した競合相手に対し、早め早めに手を打つザッカーバーグ氏のしたたかさにある。12年にはインスタグラムを買収。14年には巨額でワッツアップを傘下に収めたのは好例だ。

ザッカーバーグ氏は4年前、スナップの買収も試みたが失敗に終わった。発表したAR機能や、昨年インスタグラムに導入した24時間で写真が消える機能は、スナップチャットを臆面もなくまねたもの。上場を果たし、勢いに乗るスナップが本格的な脅威に育つ前にたたいておこうという執念に近い意図が透けて見える。

ARがより身近になりそうです。巨大とか王者、膨大・膨張という言葉が並び影響力の大きさをうかがえます。


シリコンバレー再膨張 非IT企業も近隣に研究所 マクドナルドやウォルマートなど

969599969381959FE3E6E2E39D8DE3E6E2E5E0E2E3E69494E3E2E2E2-DSKDZO7436845017072014FF1000-PB1-9

969599969381959FE3E6E2E39D8DE3E6E2E5E0E2E3E69494E3E2E2E2-DSKDZO7436846017072014FF1000-PB1-9

マクドナルドは中心部に「グローバル・デジタル・チーム」の開発拠点を新設。ウォルマート・ストアーズの新研究所は2棟で1万2000平方メートルの広さ。ソフトウエア技術者など1000人を採用し、シリコンバレーの研究開発体制を倍増する。

独ダイムラーも昨年11月、自動運転技術の研究所を開設した。旺盛な不動産需要は、地域のオフィス賃料を2年連続で年20%押し上げた。

ただ、すべてバラ色ではない。移民制度改革の停滞が、好循環に影を差しかねない状況だ。人材の獲得競争が激しいIT企業は高い技能を持つ海外の技術者に割り当てるビザ発給枠の拡大を求めているが、聞き入れられない。

IT化という筋肉を鍛えるためには震源地に居を構えるというのが一番良いのでしょうね。シリコンバレー行って刺激を受けてきたいです。