インド、ドラえもんは悪者?

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08180430Y6A001C1TZN000/

チャトゥルベディ氏(26)は、ある「大事件」をきっかけにドラえもん“追放運動”を始めたと話す。2013年、金品の授受を伴う公務員のコネ採用や大学の裏口入学が一斉告発され2千人が逮捕された。同氏が告発人だった。事件の遠因を突き止めようと多くの家庭を訪れるうちに、母親らから「ドラえもんを見て子供が異常な振る舞いをするようになった」と聞かされた。「秘密道具が問題を解決する展開が、子供らの将来に悪影響を及ぼす」との思いを強めた。

パキスタンのパンジャブ州でも野党議員がドラえもんの放映禁止を求める決議案を州議会に出した。幹部のラシド氏は「秘密道具が自分でやるべきことを代わりにやってくれる。子供が何かに頼ることばかり考えるようになってしまう」と懸念。男女が仲良く遊ぶシーンも「ムスリム文化に抵触する」というが、最も問題視するのは秘密道具の存在だ。

インドでは約10年前から放映が始まり、パキスタンでもインドと同じヒンディー語版が何年も視聴されている。子供らの人気は絶大だ。だが当時とは時代背景がやや異なる。今はドラえもんが描いた「近未来」に近い技術や製品が出回り始めている。その好例がスマホ。ラシド氏もスマホを示しながら「子供らがのび太と同様、こういう物に頼り自己研さんを怠るのが心配だ」と口にする。所得が一定以上のインドの家庭では親がドラえもんになり、カネ、人脈という「秘密道具」を使うコネ採用や裏口入学が絶えない。

笑っちゃう話題でもあり、でも確かに今がドラえもんの描いた近未来になっていることや、国の社会的事情もあるので奥深い話題でもあります。


ドラえもん「大人消費」狙う 藤子プロ、サンリオと商品開発 少子化、市場縮小に対応

96959999889DE2E0E2E3E1E0E5E2E2E4E2E7E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0201329006052016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02013270W6A500C1TI5000/

サンリオがデザインを自社で請け負い、300アイテムで展開する。基本的な柄に加え、和風、パステル調など6種類のデザインを用意した。大人でも持ちやすいように、キャラクターは小さめに取り入れる。希望があれば他社にもライセンス供与する方針だ。

権利を持つ藤子プロにサンリオがキャラクター使用料を払う。ライセンス供与先の販売金額なども含めて、大人向けドラえもん関連商品で2年間で100億円の販売を目指す。両社は昨年、期間限定でドラえもんと「ハローキティ」をコラボレーションした商品を発売。特設売り場では計画の2倍の売り上げとなるなど好調だった。

サンリオ以外も少子化の影響を受けて大人向けにシフトし始めている。タカラトミーは昨年、着せ替え人形「リカちゃん」の大人向け新ブランド「LiccA」を立ち上げた。通常の3倍程度となる1万円台の人形を販売している。ミニカー「トミカ」でも大人向けの精巧な「トミカプレミアム」シリーズを始めた。

確かにウルトラマンとかも展開していたりして、欲しくなったりもします。キャラクター商品市場は今後もこの流れが続きそうです。


和製アニメ 底力鍛える 手書き風CG テコに

96959999889DEBE4E2E7E1E3EBE2E3E1E2E3E0E2E3E4868896E2E2E2-DSKKZO9605325013012016TZD000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96053190T10C16A1TZD000/

近年、日本アニメにも3DCGが増えてきた。「機動戦士ガンダム」や「妖怪ウォッチ」のほか、「ワンピース」も船体はCGだ。CGは立体的表現に適し、線の多い画像などで作業効率が高い。米ピクサー制作の「トイ・ストーリー」が1995年に公開され普及し始めた。マンガから生まれた日本アニメになじまないとされたが、作品が増えてきた背景には日本の独自技術がある。

東京工科大学の三上浩司准教授は「日本ではトゥーンレンダリングという技術が発展してきた。CGでありながら塗り方や陰影で手描きに見せる日本らしい技術だ」と語る。ポリゴン・ピクチュアズの塩田周三社長は「ピクサーと勝負できる技術だ」と話す。

待遇の問題で人材集めは難しい。日本アニメーター・演出協会の調査ではアニメ制作者の平均年収は約333万円。職種別では3DCGアニメが約384万円と全体より高いが、原画制作は約282万円、動画は約111万円だ。

アニメーターの技術は付加価値高いと思うんですが、ギャップありますね。Netflixが来たりして構造変わればよいですが。


ドラえもん「ノーギャラ」 米進出で版権使用無料 海外展開、まず知名度

9695999693819688E0E1E2E7EA8DE0E1E2E5E0E2E3E68698E3E2E2E2-DSKDZO7466016024072014TJ1000-PB1-2

9695999693819688E0E1E2E7EA8DE0E1E2E5E0E2E3E68698E3E2E2E2-DSKDZO7466017024072014TJ1000-PB1-2

今月から全米でアニメ放送が始まった「ドラえもん」は、協力企業に対してキャラクターの使用料をほぼ無料にする。権利を緩めてまずは認知度を高め、後から商品化などで稼ぐ狙いだ。

アニメなど国産キャラクターの海外での人気は根強い。キャラクターを含む国内コンテンツの著作権収入は2013年で1973億円。10年前の2.4倍に増えた。ただ米ディズニーなど海外へ支払った著作権使用料は8193億円と、著作権収支では6千億円超の赤字となった。

最初に広く利用を促し、後にライセンス供与などで収益源に育つ例はある。07年に音声合成ソフトの仮想アイドルとして誕生し、人気となった「初音ミク」。当初から非営利に限って2次創作を無料化。動画投稿サイトに作品があふれて、瞬く間に人気が広がった。

へー国産アニメキャラの版権自由化ですね。国内だとくまモンを思い出しますが、ポテンシャル高いキャラいっぱいいますからね。フリー&自由化の時代ですね。