有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16591420Y7A510C1TI1000/

LVMHの1~3月期売上高は98億8400万ユーロ(約1兆2400億円)と前年同期比15%増えた。グッチを保有する仏ケリングも同31%も伸びた。一方、英バーバリーが発表した3月期通期の売上高は前の期比10%増えたが、既存事業ベースでは同2%減と不調。

二極化の一因は商品戦略にある。新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びている。グッチは14年まで苦戦したが、経営体制の刷新を機に商品の幅を広げ、立て直しに成功した。エグザンBNPパリバのソルカ氏はアジアの中間層など新規顧客の流入一巡が背景にあると指摘する。「リピート顧客の割合が上昇している。変化のある商品を出さなければ存在感が薄れる」

需要変化への対応が遅れたブランドはリストラに動く。ラルフ・ローレンは、ニューヨークにある旗艦店の閉鎖を決めた。一方、コーチは同業のケイト・スペードを買収すると発表した。LVMHを実質的に支配するアルノー家のグループ会社はクリスチャン・ディオール社を完全子会社化。強いブランドが他のブランドを取り込みさらに強くなる、という合従連衡が今後さらに進む可能性もある。

新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びているとのこと。リピーターが増えているので変化のある商品が求められているようです。


三陽商会、低価格の新ブランド SCや駅ビルに活路 百貨店苦戦で

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12865580T10C17A2TI5000/

新しいブランドの育成や既存ブランドの低価格帯商品の追加により、販売をテコ入れする。16に絞った既存ブランドでも価格を抑えた雑貨や衣料の品ぞろえを増やす。これまでの価格戦略を修正し、高めの価格帯が中心だった百貨店以外の販路の拡大を模索する。

三陽商会はSCに出店を進める「ギルドプライム」などのブランドを伸ばす計画だが、百貨店より市場規模の大きなSC向けも競争は激しい。

新しい販路の開拓とあわせ、ネット通販でも今春から価格を2~3割抑えた限定商品をほぼ全てのブランドで売り出す。例えばライセンス生産する英「マッキントッシュ フィロソフィー」の紳士服では5000~6000円のTシャツを売り出す。従来は8000~1万円台が中心だった。

僕が若い頃は花形企業というイメージでしたが。BURBERRY依存で後継ブランドを育てられなかったのが痛いですね。


三陽商会、59%減益 前期、バーバリー契約終了響く

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ12HMM_S6A210C1TI5000/

純利益が前の期比59%減の25億円だった。英バーバリーとの契約が終了した影響が大きく、冬物衣料の販売が振るわなかった。バーバリーの後継事業と位置づけた「マッキントッシュロンドン」や「クレストブリッジ」など新規ブランドの先行投資も重荷になった。

売上高は12%減の974億円だった。英バーバリーと45年間にわたり結んでいたライセンス契約が終了。マッキントッシュロンドンで263店、クレストブリッジで151店を開いたが、バーバリーの穴を埋めるには至らなかった。

バーバリーからマッキントッシュロンドンへ。しかしバーバリーの認知度が絶大だったことが分かります。


新ブランド展開、三陽商会背水 「バーバリー後継」1号店 知名度向上、待ったなし

9695999993819688E3E69A81E28DE3E6E2E5E0E2E3E7869BE3E2E2E2-DSKKZO8931848014072015TI1000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ14HS0_U5A710C1TI1000/

新ブランドは英老舗コートブランド「マッキントッシュ」が源流だ。三陽商会がマッキントッシュ社の親会社の八木通商などとライセンス契約を結び、コートのみの「本家」のイメージに合うような衣料品や雑貨を企画する。中心価格帯はコートが12万~15万円、紳士向けスーツが16万円などバーバリーとほぼ同等。45歳以上の男女が主な対象だ。

三陽商会の中期経営計画によると、バーバリーの寄与が完全になくなる2016年12月期に営業赤字に陥るが、17年12月期に黒字転換し、18年12月期に売上高1千億円を回復する見込みだ。同期にはマッキントッシュロンドンが売上高(小売りベース)200億円と屋台骨を担う。

だが、短期間で一からビッグブランドにまで成長させるのは容易でない。ファッション以外の支出の増加などで、新しいヒットブランドは生まれにくくなっている。オンワード樫山の婦人服「23区」、ワールドの同「アンタイトル」といった大手アパレルを支える主力ブランドは1990年代に誕生したものだ。

バーバリーがなくなると売上も営業利益も悲惨。マッキントッシュロンドンは誰もが買える価格帯ではないのに、ビッグブランドになり得るんでしょうか。