アサヒビール、ドライ半減 鈍る切れ味 29年ぶり国内1億ケース割れ、市場縮小で高級路線に賭け

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25469980Z00C18A1TI1000

ラガー全盛の時代に常識を覆す辛口で支持を広げたドライ。発売3年目の89年には節目の1億ケースを突破した。ピークの00年には1億9千万ケースの販売を記録した。その後も維持し続けた「1億ケース」は、ドライの圧倒的なブランド力の象徴だった。

アサヒGHDの小路社長は「量にはもうこだわらない」と強調。代わりに高級化にかじを切り、稼ぐ力に磨きをかける考えだ。その一つがアンハイザー・ブッシュ・インベブから計1兆2千億円で買収した欧州ビールの活用だ。チェコの「ピルスナーウルケル」、イタリアの「ペローニ」を新たな柱に、高級ビールの国際展開を進める。

これまでは驚異の大ヒットを遂げたドライが聖域化され、需要を共食いする新商品の展開に及び腰だったのも事実。ある幹部は「呪縛とも言えた」と明かす。落ち込みが顕著になってきた最近は、その聖域に切り込み派生商品の販売も始めたが、次を担う商品は生み出せていない。

半減とは大きく減りましたね。ピルスナーウルケルとペローニは4月発売予定。楽しみです。


アサヒ小路社長「量こだわらぬ」 国内最大ブランド「スーパードライ」 高級路線で売り上げ維持

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24463210Z01C17A2EA5000

「ビール業界はシェア競争に明け暮れ、(原価を割り込んだ)安売りで市場を広げようとしてきた。今はメリハリ消費の時代だ。商品を選ぶ際の基準となる価値の差を創り出せるかが、企業に問われている」

「『スーパードライ』発売30周年の今年、限定醸造の缶ビールを発売した。氷点下に冷やしたスーパードライは専用設備がある飲食店でしか飲めなかったが、家庭などでも同じような冷涼感を味わえるようにした。20~30代に人気だ。こうした派生商品に力を入れる。追随できない独自性のある商品も広げていく」

「安売り競争を繰り広げられても消費は盛り上がらない。ビール系の課税済み出荷量は過去10年で平均約1%減ってきた。今後も市場全体では1%程度のマイナスを想定し経営や商品の計画を立てるが、高級化戦略の推進で当社のビール系飲料売上金額は横ばいを維持していきたい」

ブランドの立ち位置が明確ですね。来年からペローニ、ピルスナーウルケル販売楽しみです。