民泊、次はビジネス客 百戦錬磨、800万人が割安予約 エアビーは出張向け部屋検索

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16488120W7A510C1TI1000/

百戦錬磨の民泊仲介サイトに登録されている部屋を、ベネ・ワンが運営する会員制サイトから予約できるようにする。ビジネス客を中心に約800万人の会員を抱えるベネ・ワンと組むことで訪日客以外の顧客を開拓する。

エアビーアンドビーも日本人や外国人のビジネス向け利用を促し始めた。Wi―Fiの接続環境などを備えた出張者向け物件をそろえ、絞り込んで検索できるようにした。出張者は仕事用メールアドレスを登録すれば利用できる。

政府は民泊を条件付きで全国で解禁する住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を閣議決定し、今国会での成立をめざしている。エアビーの掲載物件だけでも全国に5万件近くあるが同社の貸し手の平均貸出回数は16年に89泊と15年より12泊減り、貸し手の平均収入も100万4830円と約22万円減った。物件が増えて競争が激しく、幅広い顧客を取り込むことが民泊の課題となっている。

民泊新法で貸出上限は180日になると思いますが、実績としては2016年で90日くらいなのでまだまだ取り込める感じです。


人件費を考える 自ら改革、商機生む アマノ、株価は最高値視野/富士通、全社でテレワーク

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13953560Q7A310C1DTA000/

アマノ。残業を管理できる就業ソフトを中小企業に販売し、「労働者の味方」として知る人ぞ知る企業だ。2017年3月期は10年ぶりとなるソフトの更新時期。受注活動を強化していたところに「働き方改革の追い風が吹いた」(井原取締役)。同社は「まず隗より始めよ」とばかりに残業削減を急ピッチで推進する。

富士通が3万5000人の全社員を対象に始めるテレワークにも似た狙いがある。「ITで改革に挑むのは、IT企業の責務だ」(田中社長)。自らが「ショールーム」となって模範を示し、新たな需要を掘り起こす。

アマノ株は26年半ぶりの上場来高値更新が視野に入り、レオン株もほぼ右肩上がりだ。期待が先行している面はあるが、市場は株高で働き方改革を側面支援する。

IT投資、省人化投資、コト消費、アウトソーシングなどが働き方改革関連銘柄となるようです。