ヤフー、電子チケット個人も販売 手数料は最低水準

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ030DU_T00C14A6TJ2000/

スマートフォン(スマホ)を使い、イベントを企画した人は誰でもインターネット上でチケットを販売できる。ヤフーはイベントの主催者が支払う手数料も業界最低水準である現行の5%から3.24%に下げる。

大学のサークルのパーティーや趣味の個展など数人から数万人規模のイベントまで対応が可能。主催者は専用サイトでチケットの売り上げなどが随時把握できる。購入者にメールなどで来場を促したり、イベント終了後にアンケートを実施したりすることもできる。

チケットだけでなく、個人事業主などがこの仕組みを使ってクーポンなどを配布することも簡単にできるようになる。商品の無料引換券などにも利用でき、ヤフーは販売促進の手段としても活用してもらう。

なるほど、これから一気に広まりそう!


ネット企業 狙うは遺伝子 DeNAが解析サービス参入発表 「安く簡単」ウリ/精度確保が課題

96959996889DE5E0E0E1E4EAE7E2E2E6E2E4E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7223687004062014TJ2000-PB1-10

96959996889DE5E0E0E1E4EAE7E2E2E6E2E4E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7223688004062014TJ2000-PB1-10

主力のモバイルゲーム事業の収益変動が激しくなるなか、「遺伝子解析は安定した収益が見込める」と強調。「(将来は)兆円単位の市場に育つ可能性がある」と述べ、来年度にも黒字化する可能性を示唆。

ヤフーは遺伝子解析ベンチャーのジーンクエスト(東京・文京)と組み、今秋にサービスに参入する。6月5日からは無料モニターの募集を始める。解析サービスのほか、遺伝子情報とスマートフォン(スマホ)などで計測した脈拍や血圧などの情報を組み合わせ、運動量や食生活をアドバイスする健康管理サービスも提供。解析後のサービスで稼ぐビジネスモデルを探るとみられる。

普及には課題も少なくない。その1つは分析結果にブレがあること。同じ人でも、サービス提供会社によって解析結果が違うという報告もある。病気の発症に関連する遺伝子が複数あり、リスクの計算式が確立されていないため。

自社のノウハウを活かして成長分野に参入か。僕はどんなノウハウを活かして成長分野に参入するかな。