有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16591420Y7A510C1TI1000/

LVMHの1~3月期売上高は98億8400万ユーロ(約1兆2400億円)と前年同期比15%増えた。グッチを保有する仏ケリングも同31%も伸びた。一方、英バーバリーが発表した3月期通期の売上高は前の期比10%増えたが、既存事業ベースでは同2%減と不調。

二極化の一因は商品戦略にある。新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びている。グッチは14年まで苦戦したが、経営体制の刷新を機に商品の幅を広げ、立て直しに成功した。エグザンBNPパリバのソルカ氏はアジアの中間層など新規顧客の流入一巡が背景にあると指摘する。「リピート顧客の割合が上昇している。変化のある商品を出さなければ存在感が薄れる」

需要変化への対応が遅れたブランドはリストラに動く。ラルフ・ローレンは、ニューヨークにある旗艦店の閉鎖を決めた。一方、コーチは同業のケイト・スペードを買収すると発表した。LVMHを実質的に支配するアルノー家のグループ会社はクリスチャン・ディオール社を完全子会社化。強いブランドが他のブランドを取り込みさらに強くなる、という合従連衡が今後さらに進む可能性もある。

新商品を多く投入し、デザインを多様化した企業ほど伸びているとのこと。リピーターが増えているので変化のある商品が求められているようです。


急成長 シェア経済 ヴィトンからポルシェまで 2兆円市場、だれでも

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14493400U7A320C1EA3000/

ラクサス・テクノロジーズ。個人の家に眠るバッグを集めて、それを貸し出すサービスを始めた。世田谷に住む35歳の主婦は先日、使わなくなったヴィトンのハンドバッグを箱に詰めてラクサスに送った。借り手がつけば最大で年2万4千円の収入が入る。20万円で購入したバッグが年利10%を稼ぐ投資商品に変身しうる。

高級車やスポーツカーの貸し借りを仲介するエニカを手掛けるのは、DeNAだ。車を運転しない日に貸し出すもので、利用料金は1日1万円以下がほとんど。30歳前後の若者に人気だ。車のオーナーに入る平均収入は月2万5千円程度で、年換算では30万円にもなる。

ITインフラを使って遊休資産を活用するビジネスは初期投資が少なくて済むため、眠っていた個人の起業精神を刺激するかもしれない。安全性や消費者保護など法規制との両立は課題となるが、行政の介入を最小限に抑えつつ成長をうまく誘導できれば規制業種に風穴を開け、新たな市場を生みだす原動力になる。

ラクサスやエニカのビジネスをちゃんと知りましたが、遊休資産が投資商品になるというのは魅力的です。


海外高級ブランド生地作り 縁の下の中小 天池合繊、糸の細さ毛髪の5分の1 I.S.T、ポリエステルで「ウール」

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13684530U7A300C1TJE000/

「パリコレでは今年もどこかのブランドが使っているだろう」。天池合繊の天池社長は事もなげにこう言う。薄手の生地「天女の羽衣」のことだ。取引先には欧州の超高級ブランドが並ぶ。柔らかさの決め手は細い糸。目をこらさないと見えない糸を「見えるようにする」(天池社長)ことから始め、切れないように織る。もとはフィルターなど産業用に開発していたが、共同開発先が破綻したため、自社販売できるアパレルに切り替えた。

機能性材料開発のI.S.Tは、米パタゴニアと共同で登山用肌着を開発した。この肌着の糸に、I.S.Tの独自技術が使われている。糸の構造を大きく膨らませ、同じ見かけで3割以上軽い糸を紡ぐ技術を持つ。ウールはルイ・ヴィトンに採用された実績もある。

シルクを手掛ける山嘉精練は今年2月、パリの生地の展示会に初めて参加した。エルメスやルイ・ヴィトン、ジバンシーなどのバイヤーが同社のシルク生地を手に驚きを見せた。「ドットダイ」と名付けたシルクは一見無地だが、目を凝らすと様々な色が生地の中にあるのに気づく。

日本メーカーからは難しい注文や依頼がなく、海外メーカーが日本の繊維業を強くしているとのこと。


「何を着る」が「どう着る」へ ファッション 強烈な個性、影潜め

96959999889DEAE3E3E5E7E3E6E2E0E3E3E0E0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKKZO8117527021122014TY8000-PB1-7

96959999889DEAE3E3E5E7E3E6E2E0E3E3E0E0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKKZO8117524021122014TY8000-PB1-7

96959999889DEAE3E3E5E7E3E6E2E0E3E3E0E0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKKZO8117525021122014TY8000-PB1-7

96959999889DEAE3E3E5E7E3E6E2E0E3E3E0E0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKKZO8117526021122014TY8000-PB1-7

96959999889DEAE3E3E5E7E3E6E2E0E3E3E0E0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKKZO8117528021122014TY8000-PB1-7

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81175140R21C14A2TY8000/

進駐軍の住宅「ワシントンハイツ」からほど近い原宿は60年代にアメリカ文化の洗礼を受け、「おしゃれな街」の下地が形成された。大小さまざまなマンションにデザイナーが集まり、原宿特有のファッションビジネスが誕生。1室に事務所を構える小規模アパレル「マンションメーカー」だ。服づくりも経営も宣伝も1人でこなし、事務所がアトリエと倉庫を兼ねた。

80年代末から「同じブランドで全身を固めるのはかっこ悪い」という価値観が台頭する。「何を着るか」から「どう着るか」への意識の転換だ。発端が「渋カジ」で主役は渋谷で遊ぶ私立高校の男子生徒。ルイ・ヴィトンのバッグにリーバイスのジーンズを合わせて「はずす」。「ブランドじゃないと安心できない」世代から進化した。

近年の日本のファッションの主役はユニクロやしまむらなど和製ファストファッションとインターネットだ。どこでも安くて好みの服が買える。ただ、売れ筋が追求され、服の個性は見えにくくなった。「着る服が何であっても主役は自分、というのが若者の気分」と「アクロス」の編集長、高野公三子は言う。

服でアイデンティティの表現ができにくくなっただけに、内的な自己表現の欲求はより強くなっていると感じています。