アパレル5社のネット通販、売り上げ4年で2倍 合計でも「ゾゾタウン」の3分の1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16490110W7A510C1TJ1000/

日本百貨店協会によると、アパレル各社の主要販路である百貨店の衣料品売上高はで17カ月連続で前年比マイナス。実店舗の集客力が弱まるなか、ECは頼みの綱だ。

アパレル各社のEC売上高は伸びているものの、専用サイトに比べると出遅れ感も否めない。ゾゾタウンは04年にサービスを始め、取扱額は16年度に2120億円に達した。販売を委託するアパレル各社の商品の売り上げも含まれるとはいえ、5社の合計の3倍以上だ。

アパレル関係者からは「ECが伸びると店頭の販売員のモチベーションが下がる」「卸先の百貨店との利害関係が合わない」などの声もある。ただ、ゾゾやアマゾンなど他の通販サイトがファッションに参入するなか、EC向けの対策は急務だ。

関係者の懸念はそこで思考停止になっていては衰退するのみだと思います。ユニークな商品・サービスが必要かと。


レナウン、低価格ブランド世界展開 中国の親会社と 来春、ネット通販強化

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15569770Q7A420C1TJC000/

主なターゲットは20~30代の男女。ダーバンやエンスウィートなどの主力ブランドは顧客の年齢層が高く、若い顧客の開拓が課題だった。中国を中心に海外展開も急ぐ。ユニクロやZARAなどと同水準の価格とする見込みだ。

山東如意は10年にレナウンに出資し、13年に子会社化した。レナウンはこれまでは主にブランド削減などの構造改革を進めてきた。ここにきて、構造改革に一応のメドが付いたことから、新ブランドを立ち上げて攻勢に転じる。

創業115年の老舗でかつてアパレル最大手だったレナウンだが、販売不振が続いている。業績不振の一因は百貨店への依存度が高いことにある。百貨店向けが売り上げの62%を占め、GMSは13%、ECは1.5%。オンワードHDなど競合するアパレル大手のEC売り上げが100億円規模に達するのに比べ、成長分野への対応が遅れている。

この記事で株価が急騰したとのこと。miroir de ensuiteというブランドで、記事と違う点は、地域密着30~40代がターゲットだそうです。


紳士スーツ、高価格帯を充実 オンワード、12~18万円の「五大陸」 三陽商会は高級靴ブランドで投入

96959999889DEBE1EBE6E6E0EAE2E3E0E3E3E0E2E3E7869BE7E2E2E2-DSKKZO9394430012112015TI5000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO93944280S5A111C1TI5000/

オンワード樫山は来春、男性向け化粧品や整髪剤などの雑貨類をそろえた新ブランドを立ち上げる。導入する五大陸の店舗では主力商品のスーツでも高単価の商品をそろえる。通常は1着8万円程度が多いが、約12万~18万円の商品を中心にする。

三陽商会は高級紳士靴ブランド「三陽山長」で、衣料品の取り扱いを始めた。銀座の旗艦店を改装し、スーツやコートなども扱う複合店に切り替えた。国内で生産する同ブランドの靴の中心価格帯は7万円台。スーツも15万円程度の商品を中心にそろえる。

大手アパレルメーカーの紳士服の販売は回復傾向にある。「タケオキクチ」では、4~9月の高価格帯のスーツの売上高が前年同期より5割増えた。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の紳士服・洋品の売上高は9月が前年同月比0.7%増と3カ月連続のプラスだった。一方で主力の婦人服の販売は低迷から脱し切れていない。

青山とかAOKIはスーツ事業が苦戦しているというのに。こういうところで格差社会であることを実感します。