慶事に浮かぶ皇族の課題 眞子さま、結婚後は皇籍離脱

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16497470X10C17A5EA2000/

眞子さまは皇室典範の規定で、結婚により皇族の身分を離れることになる。現在、未婚の女性皇族は7人だ。ここ十数年間、女性皇族の結婚による皇族の減少が深刻な問題と認識されてきたが、何ら具体的な方策がとられずにきた。

政府が皇族減少問題に取り組んだのは、小泉内閣時代の有識者会議だった。同会議は皇位継承の安定性を保つために女性・女系皇族への継承資格拡大を提言した。しかし、悠仁さまの誕生でこの問題が解決したかのように錯覚され、提言は放置されたままとなった。

12年になって、当時民主党の野田内閣で行われた有識者ヒアリングで、「女性宮家」の創設を検討すべきだと提言された。しかし、安倍政権はこれらの方策に取り組むことはなかった。

皇族と皇位継承順位について改めて知る機会になりました。皇族減少問題が再燃しそうです。