入社まで半年どう過ごせば?「思い切って自分棚卸し」 森川亮C Channel社長に大学4年生が直撃

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21433600S7A920C1TCL000/

社会人1年目はものすごく成長するタイミング。そこでの頑張りによってその後の成長はずいぶん変わると思います。僕は最初の1年は結構、勉強しました。社会に出てすぐに仕事はできないじゃないですか。何か提案するとか、それを形にするようなことは難しい。そのために必要なことは勉強しました。

資格を使いこなせるかが非常に重要だと思います。僕も一時期いくつもの資格を取っていました。一方で、それって世の中の役に立っているかと考えると、そうではない面もある。一番大切なことは、何かを実現するのに必要なものか、あるいはそれを手にしたときに世界が変わるか、みたいなことをイメージしながら勉強した方がいいと思います。

人は長期的に大事なことより、目の前のことに時間を使ってしまうところがある。先のことを棚卸しして、自分にとって大事なことを見つけて計画を立てると、やり遂げた時の達成感につながると思います。やりたいことが見えないのはもったいない。早めにやりたいことを見つけた方がいいと思います。

シンプルで本質的な回答だと思いました。自分の棚卸しと、早めにやりたいことを見つける。ここがポイントですね。


ネット通販、動画花盛り 1分で商品紹介、生中継も Cチャンネル、画面ボタンで購入/メルカリ、買いたい人が直接質問

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ13HZ8_T10C17A7TI1000/

有名モデルやネット上のインフルエンサーが衣料品や化粧品、日用品など商品を紹介するCチャンネルの動画。気に入ればすぐに購入できる。14日には、サマンサタバサジャパンリミテッドと提携し、ミランダ・カーさんを起用した動画を配信する。

メルカリチャンネルは、商品を販売したい利用者がライブ動画を流せる仕組みだ。商品の使い方などを直接説明できるほか、利用者側も出品者に直接質問でき、疑問をすぐに解決できる。

動画制作ベンチャーのキャンディーは、スマホのライブ動画を視聴して商品を購入できるアプリを始めた。ファッション通販サイトを運営するクルーズと提携。6月30日から7月7日にかけて、原宿のカリスマ店員など著名人が出演する30分程度の動画を配信、夏物衣料のセールを実施した。

Cチャンネルここへ来て存在感増してきました。経営手腕さすがです。ますます動画マーケティング重要ですね。


動画元年ついに到来? ファッション・食べ物…サービス百花繚乱

96959999889DEAE4E3E6E6EBE5E2E0E7E2E6E0E2E3E7868BE5E2E2E2-DSKKZO8614499025042015TY7000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86144970V20C15A4TY7000/

ドーナツが運営する動画サイト「ミックスチャンネル」。10秒の動画を手軽に撮影・共有できるサービスで、アプリで動画を撮影し、飾り文字や画面の枠を選んだり、背景の音楽を追加したりできる。13年12月から提供を始め、月間利用者数は350万人を超えた。中心は中高生で10代が9割に達する。

ユーチューバーらをたばねるプロダクションの創業も相次ぐ。その一つが、昨年11月に業務を始めたスリーミニッツだ。今年2月にはLINEからの出資受け入れが決定するなど急成長。女性に焦点をあてたのが特徴だ。ファッションやメーキャップ、ヘルスケアに関する動画を制作し、ユーチューブに投稿している。

今回のイベントで最も注目を集めたのが、LINEの森川前社長の新サイトのお披露目だ。10日にファッション雑誌の動画版のようなサイト「C Channel」を立ち上げた。ファッションや食べ物、旅行など女性が関心の高い情報を1分程度の短い動画で紹介する。

動画元年はまだ来てなかったんですね。でも動画サービスは次のステージに来たというワクワク感が伝わってきます。個人的には森川社長から目が離せないのでC CHANNELから色々と学んでビジネスアイデアを膨らませたいです。


LINE、生活インフラ型へ 「ライフLINE」に進化 月間利用1.7億人初公表、米中2強となお差

9695999693819688E2EB9A9AE48DE2EBE3E2E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7823312010102014TJ2000-PB1-7

9695999693819688E2EB9A9AE48DE2EBE3E2E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7823313010102014TJ2000-PB1-7

こうしたサービスで収益を稼ぐのがLINEのビジネスモデルだが、そのプラットフォームである無料の対話アプリのユーザーを増やしていくことが欠かせない。9日時点の登録ユーザー数は5億6千万人で、7月末時点から7千万人増加と着実に広がっている。

しかし、この中には登録したが利用していない人が含まれる。9日に初公表した「アクティブユーザー数」ではLINEが1億7千万人にとどまるのに対し、米フェイスブック傘下の対話アプリ最大手「ワッツアップ」が6億人、中国の「微信(ウィーチャット)」が4億3800万人と先行している。

森川社長は上場延期の理由について、「安定的に成長するまで事業に集中したい。投資家が安定的に投資したいと思ってもらえる会社にしたい」と回答。他社からの出資受け入れについても「今のところ受けるつもりはない」と述べた。

大量の新サービス発表。LINEならではの人と人を結びつけるスパイスが効いてそうで楽しみです。


LINE、つながりで売る ネット通販本格参入 共同購入や贈り合い

9695999693819688E0E59A919C8DE0E5E2EAE0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7626418028082014TJ2000-PB1-3

9695999693819688E0E59A919C8DE0E5E2EAE0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7626419028082014TJ2000-PB1-3

LINE(東京・渋谷)は27日、EC事業に本格参入すると発表した。商品を共同購入すると最安で半値で買えるほか、プレゼントを贈り合う仕組みなどを導入する。国内に5200万人いる会員間の「つながり」を消費につなげる狙いだ。

LINEモールでは個人からは出店料や手数料を徴収しない。企業が出品する場合はLINEが審査したうえで販売手数料を受け取る。あえてLINEが選んだ商品を扱うことで、無料で企業の出店を募るヤフーなどと違いを打ち出す。

LINEが誕生したのは2011年。登録ユーザー数は今や世界で5億人近くに達した。ただ、13年12月期の売上高はゲーム課金や広告収入を中心に518億円にとどまる。目標の「世界一のネットサービス」(森川亮社長)へ向け、EC参入で収益源の多様化を図る狙いがある。

つながりのLINE、出店者を囲い込むヤフー、プレミアムモール戦略の楽天、物流網が強いアマゾン。独自モデルを創り出すのがやっぱり一流ですね。勉強になります。


スマホ 新たな競争(3)世界一になりたい

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ3101B_R30C14A5EA1000/

携帯の音声通話が3分、メールが38分に対し、ソーシャルメディアは78分――。総務省が昨年末に調査した休日の10代の平均利用時間。LINEはソーシャルメディアの中でも利用率が70%と圧倒的。日本では5千万人が利用する。

「かつて店や事務所を開いたらまずNTTの電話を置いたように、LINEへの登録を当たり前にしたい」(LINEビジネスパートナーズ社長の長福久弘氏)。

LINEの利用者が2400万人に達するタイ。百貨店や銀行の店頭にはスタンプのキャラクターの看板が立ち、若い世代はLINEで反政府デモを呼びかけた。3月、LINEはバンコクに事務所を開いた。「世界一のサービスに挑む」と社長の森川亮(47)。日本の携帯電話会社は視界にない。

すごいよね~もうこうなるとLINEの勢いに便乗して稼ぐのが賢いかもね。