楽天、「民泊」丸抱え 全国解禁に先駆けアクセル

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24041760Z21C17A1TI1000

エアビーは国内ですでに約5万6000室の物件を登録するなど実績を積み上げている。エアビーは許可を得ていない物件も多く登録しているようだ。一方でコンプライアンスを重視する日本企業はなかなか民泊の仲介に手を出せずにいた。民泊法の施行に合わせて許可を得ていない物件の取り締まりも厳しくなる見通し。日本企業にとっては公平な競争条件が整う。だが、エアビーにつけられた差をどう埋めるかは日本企業にとって大きな課題だ。

切り札と考えたのが煩雑な業務の代行だ。繁閑によって変更する宿泊料金の設定や本人確認などは空き部屋を持つ個人にとって民泊を始めるハードルは高い。こうした負担を楽天が代行することで、民泊の登録を増やしたい考えだ。楽天は「民泊事業の収益の中心は仲介になる」(太田社長)としており、業務代行での収益はそれほど見込めなくても、登録を増やすために厳しい道を選んだようだ。

エアビーの推計では16年の同社の経済効果は約9200億円と15年比で8割増えた。民泊利用者が増えれば楽天にとっても既存事業への恩恵が大きい。楽天は旅行予約サービスや小規模店舗で使える決済など多様なサービスを持つ。広大な市場を取りこぼさないため、民泊解禁前に追撃態勢を整えに動く。

民泊法で公平な競争条件が整うけれどもエアビーとの差が大きいため、総動員で市場を取っていく戦略。


丸井、高級腕時計借りて着ける 月3980円~1万9800円 有楽町店で

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23563010W7A111C1TI1000

丸井グループは高額な時計のレンタルサービスを始める。クローバーラボと協業し、高額時計を集めたレンタル専用コーナーを有楽町マルイに開く。

ロレックスやオメガなど約20ブランドを60個以上そろえる。価格帯は約10万~200万円。店員のアドバイスを受けながら決めることができる。月額3980円から同1万9800円まで4種類の料金プランを設定する。契約期間内であれば、何度でも借り換えができる。

丸井はラクサス・テクノロジーズとの提携を発表した。レンタル事業の強化を進めている。クローバーラボは高級腕時計のレンタルサービス「カリトケ」を開始。9月に大阪・心斎橋に店舗を開いた。有楽町マルイの店舗は2店舗目となる。

丸井はレンタル事業の強化を進めているとのこと。従来の百貨店の売り方を変えていかなければならない時ですね。


AIスピーカー、主役「エコー」日本上陸 アマゾンが発売、機能の数が勝敗左右

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23254910Y7A101C1TI1000

各社のAIスピーカーは簡単な質問に答える、音楽を再生する、家電を操作するなど似通った機能も目立つ。そこで各社は自前のインターネットサービスとの連携で個性を出している。各社はさらに外部企業との連携でAIスピーカーでできるサービスの種類を増やして、違いを打ち出そうとしている。

アマゾンは外部企業との連携でサービスを増やす。「スキル」と呼ぶ機能は265種類あり、グーグルとLINEを上回る。エコーはJR東日本の運行状況などを調べられる。資生堂と連携して天気に合わせた美容情報を紹介する。

アマゾンのリンプ・シニアバイスプレジデントは「誰でも使ってサービスを開発してほしい」と語る。競合するネット通販でもエコーで注文できるようにするなど、利用者の利便性を高めるサービス拡充に意欲を見せる。

まだAIスピーカーに触れられていないんですが、音声認識は当たり前になっているんだろうなと感じています。


エアビー、全日空と提携 共同で航空券予約サイト 旅行の一体提案探る

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23174830X01C17A1TI1000

宿泊先と航空券を組み合わせて販売するのは、JTBや楽天といったリアルとネットの大手も得意とする。これに民泊事業者が加わることで、価格やサービスの競争が激しくなりそうだ。

ANAホールディングス傘下のピーチ・アビエーションとも連携する。エアビーは宿泊だけでなく個人が提案する体験プランも仲介している。共同サイトで航空券とともにエアビーの宿泊や体験プランを提案する。ピーチの運航便を利用する顧客には個人旅行客が多く、エアビーとの相乗効果が高いとみている。

エアビーは旅の選択肢を広げてきた。16年、米ロサンゼルスで旅行に関するすべてを同社のアプリで完結できる構想を明らかにした。現在はホテルの予約や体験プランの仲介を手がけるが、航空券の選択肢はない。全日空との連携は旅の総合的なサービスを提供するための足がかりになりそうだ。

親和性が高いでしょうし、リスクは少ない提携。エアビーはパソナなどとも提携して包囲網を固めています。


マンガ×IT 創造力の船出

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23057850S7A101C1TCR000

ローランド・ベルガーによると、海外のコンテンツ市場における日本のシェアは14年で2.5%どまり。「権利関係が複雑で、大胆な意思決定ができない」。中野パートナーは業界の問題を指摘する。マンガはシェアこそ高いが、市場自体は小さく、拡大の余地がある。

バンダイナムコグループは看板アニメ「ガンダム」を海外で無料配信している。海賊版に先手を打ち、プラモデル販売などトータルで稼ぐ発想だ。日本のアニメを海外で売る住友商事は、アニメのゲーム化でグリーと提携した。相乗効果で事業を大きくする。

ITは仕事を奪う敵だ、ととらえるのは賢明でない。マンガやアニメの制作現場でAIを使えば、工程の一部を自動化でき、人手不足を補える。作品の翻訳も容易で販売機会が増える。権利を守りつつ広くコンテンツを流通させることも、仮想通貨の基盤技術ブロックチェーンなら期待がもてる。

マンガは伸びしろ大きいようです。AIの活用もますますカギになってきて、攻めの動きも出てきています。


福利厚生にVBの知恵 クラウドワーカーなど拡大視野 リージャー、格安で「人間ドック」

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21974360W7A001C1TJE000/

KDDIの「スマホdeドック」。微量の血液を採取し、検査施設に郵送。約1週間で人間ドック並みの健診結果が閲覧できる。料金は1万円以下だ。開発したのが2000年設立のVB、リージャー。主に企業の健保組合を通じ、未受診の組合員のほか被扶養者の受診を後押しする。

15年設立のVB、ドレミングはフィンテックで働き手のニーズに応える。セブン銀行と連携し従業員が働いた日数分の給与を即日振り込めるサービスを始める。手取り分を日ごとに算出できるドレミングのソフト技術を活用する。桑原社長は「パート・アルバイトを多く雇用する中小企業」を主な顧客に想定する。

スマホdeドックは良いですね。健診も料金設定が不明瞭なところもありますので、乗り換え進みそうです。


婚活支援、男性の業種限定 県内自治体、女性参加しやすく 結婚後の定住も促す

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21089370T10C17A9L72000/

狭山市は西武鉄道と協力し、電車内で婚活パーティーを開く。市内の製造業に勤める独身男性を「モノづくりスト」と称して出会いの場を設ける。市外、県外の女性も参加しやすいように池袋駅から出発し、狭山市駅までの沿線を約3時間かけて往復する。

職業限定の婚活支援は、後継者不足に悩む地元産業のPRにもつながる。吉川市は農家の男性限定の婚活イベントを開いた。参加女性にトマトの袋詰めを体験してもらったほか、地域の野菜を使ったバーベキューを企画した。農家からの「出会いの場がない」という声に応じて開催したところ、定員を12人上回る約32人の女性から応募があった。

深谷市は仕事別に独身男性の情報を載せる冊子を発行し、美容室など女性の利用が多い場所で配布している。第1弾は農業、第2弾は地域の商工団体を通じて募集した独身男性を紹介する。

単に業種でくくるだけではなく、モノづくりストや動画活用など、それぞれ知恵を出しているのが良いと思いました。


カジュアル衣料、ベトナムで開花 H&Mやザラ出店 「作る」から「売る」へ

https://www.nikkei.com/article/DGKKASDX08H0L_Y7A900C1FFE000/

ベトナムはこれまで縫製業の生産拠点としてカジュアル衣料各社が生産を委託する場だった。中国の人件費が上がったことから、賃金が半額程度のベトナムに移転する動きが加速した。有力企業も多く、GDPに占める繊維の割合は十数%と産業別で2位だ。

ベトナムではかつて価格重視で、「安かろう悪かろう」の商品が売れたが、品質を重視する消費者が増えている。大型製鉄所の公害騒動による魚の大量死なども影響し、消費者が商品の質を意識するようになった。

16年の小売総額は10.2%増とここ5年は2ケタ前後の伸びが続く。1人当たりGDPも2300ドル(約25万円)に達するなど購買力が高まった。従来品に比べ価格が高くても、質が高く、ブランド力もある商品が売れているようだ。

9X世代がファッション牽引していきそうです。ベトナム独自のファッション文化が生まれると面白いです。


不動産テック 変わる市場 自宅で稼ぐ・安全な民泊…続々 「シェア経済」起爆剤に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO19576870S7A800C1EE8000/

「シェア経済」は不動産テックにとり大きなビジネスチャンスの場。矢野経済研究所の調べによると、シェア経済は2020年度に600億円市場に拡大する。不動産テックのITがうまく働けばさらに相乗効果が期待できる。例えば住宅に旅行者を有料で泊める民泊。

不動産テックの新サービスや商品が相次ぐのは、数年前のフィンテック誕生期に似通う。ただ国土交通省は「不動産テックの所轄部署がどこかも決まっていない」(幹部)と反応が鈍い。

不動産テック側から「事業の不都合や規制緩和要望を聞いてほしい」との声が漏れる。個人投資家が不動産売買を手がける中、宅建業の業務範囲の見直しや、仲介手数料の自由化が必要との指摘がある。国が管理する不動産情報を広く公開し、新築優遇の税制を改正すべきだとの見方も多い。

官民の温度差があるようですが、シェア経済のもとで不動産×ITは好相性なので、国の動きが重要だと思います。


ネット通販、動画花盛り 1分で商品紹介、生中継も Cチャンネル、画面ボタンで購入/メルカリ、買いたい人が直接質問

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ13HZ8_T10C17A7TI1000/

有名モデルやネット上のインフルエンサーが衣料品や化粧品、日用品など商品を紹介するCチャンネルの動画。気に入ればすぐに購入できる。14日には、サマンサタバサジャパンリミテッドと提携し、ミランダ・カーさんを起用した動画を配信する。

メルカリチャンネルは、商品を販売したい利用者がライブ動画を流せる仕組みだ。商品の使い方などを直接説明できるほか、利用者側も出品者に直接質問でき、疑問をすぐに解決できる。

動画制作ベンチャーのキャンディーは、スマホのライブ動画を視聴して商品を購入できるアプリを始めた。ファッション通販サイトを運営するクルーズと提携。6月30日から7月7日にかけて、原宿のカリスマ店員など著名人が出演する30分程度の動画を配信、夏物衣料のセールを実施した。

Cチャンネルここへ来て存在感増してきました。経営手腕さすがです。ますます動画マーケティング重要ですね。