民泊担う人材育成 エアビー、パソナと提携 地方への普及後押し

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16875210W7A520C1TJ2000/

パソナが一般の会社員や主婦向けに民泊の清掃やホームページ作成の代行業務の研修を実施する。民泊に使える部屋を持たなくても副業などで民泊に関わる仕事を持てるようにする。

日本でも海外からの旅行者が民泊を多く利用しており、語学が堪能でないために接客などでトラブルが起きる懸念がある。こうした民泊を支える人材の接客レベルなどがある程度向上しなければ、民泊市場の長期的な成長は難しい。

民泊に使える部屋を持たなくても副業などで民泊に関わる仕事を持てるようにする。このプロジェクトフォローしておきたいです。


民泊、次はビジネス客 百戦錬磨、800万人が割安予約 エアビーは出張向け部屋検索

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16488120W7A510C1TI1000/

百戦錬磨の民泊仲介サイトに登録されている部屋を、ベネ・ワンが運営する会員制サイトから予約できるようにする。ビジネス客を中心に約800万人の会員を抱えるベネ・ワンと組むことで訪日客以外の顧客を開拓する。

エアビーアンドビーも日本人や外国人のビジネス向け利用を促し始めた。Wi―Fiの接続環境などを備えた出張者向け物件をそろえ、絞り込んで検索できるようにした。出張者は仕事用メールアドレスを登録すれば利用できる。

政府は民泊を条件付きで全国で解禁する住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を閣議決定し、今国会での成立をめざしている。エアビーの掲載物件だけでも全国に5万件近くあるが同社の貸し手の平均貸出回数は16年に89泊と15年より12泊減り、貸し手の平均収入も100万4830円と約22万円減った。物件が増えて競争が激しく、幅広い顧客を取り込むことが民泊の課題となっている。

民泊新法で貸出上限は180日になると思いますが、実績としては2016年で90日くらいなのでまだまだ取り込める感じです。


民泊をIoTで管理 東急系イッツコム、スマホ活用 カギの開閉や部外者の侵入

96959999889DE2E7E0E7E1E2EBE2E0E4E2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0525311026072016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05253090W6A720C1TI5000/

旅行客が宿泊予約をすると、その期間のみカギを開閉できる画面がメールで送られてくる。旅行者はスマホの画面に表示されたボタンを押すと、インターネット経由でカギを開閉できる。

防犯カメラも設置する。ドアに設置したセンサーで人の出入りを確認し、「予約人数よりも多くの人が出入りしている」などの異常を察知できるようにすることも検討する。宿

宿泊者のマナー違反や事件・事故の発生を不安視する声は根強い。実際にこうした懸念から「民泊」利用を禁止するマンションも目立つ。イッツコムはIoTを使って民泊に伴う不安を解消するサービスへの需要が大きいと判断した。

こういったIoTのビジネスアイデアはこれからどんどん生まれていきそうです。障壁高い分野ほどチャンスが大きい気もします。


民泊狂騒曲 年1500万円稼ぐ「自宅」

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96537620W6A120C1EA1000/

都内で企画会社を経営する男性は複数の民泊仲介サイトに計12室を登録する。自宅のほか京都や大阪、福岡などで部屋を借り、民泊物件として活用している。1泊5千~1万円台で稼働率は8割超。年間1500万円を超える収入があるという。

背景には外国人旅行者急増によるホテル不足がある。2015年の訪日客は14年比47%増の1973万人。地方でもホテルの稼働率は高水準で、予約を取るのが容易でない。中国経済の減速の影響が懸念されるが、東京五輪に向け、訪日客のさらなる増加が見込まれる。

利用促進も課題になる。福岡市は厚生労働省の特例を使い、5日間限定で民泊を試験実施した。嵐とEXILEの公演日でホテルの予約が難しいと考えたためだが、22件の貸し出しに対し宿泊は4件にとどまった。

民泊加熱してきました。福岡市が他の政策と同じように民泊でもパフォーマンス先行なのがらしいところ。


大京、「民泊」に参入 特区の東京・大田で春から 空き家を購入し改装

96959999889DEBE4E0E7EBEAE0E2E3EAE2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9625983018012016TI5000-PB1-2

96959999889DEBE4E0E7EBEAE0E2E3EAE2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9625984018012016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96259820Y6A110C1TI5000/

京急蒲田駅から徒歩10分程度にある2階建て住宅を購入した。4LDKで延べ床面積は100平方メートル超あり、今後改装する。4~5人が宿泊でき、キッチンで自炊も可能という。

政府は国家戦略特区で民泊を認める制度を設け、厚生労働省と国土交通省の有識者会議は全国での民泊解禁に向けた法整備を議論している。大京は大田区以外にも民泊を認める自治体は広がるとみて、いち早く参入する。

民泊を巡っては、マンションを中心に既存住民から導入禁止を求める声も出ている。管理会社大手の東急コミュニティーは入居者以外の宿泊を拒みたいマンションに対し、管理規約の変更を支援するサービスを始めた。

民泊の捉え方で企業の事業・サービスが違ってくるのでその判断基準が面白い。政策は規制緩和の流れだと思うので、商機見出した方が追い風だと思いますが。


家庭の空き室を旅行者に 民泊、特区がお墨付き ホテル不足が後押し

96959999889DEBE1E6EAE0EBE0E2E1E2E3E2E0E2E3E79F9EE2E2E2E2-DSKKZO9348293030102015ML0000-PB1-1

96959999889DEBE1E6EAE0EBE0E2E1E2E3E2E0E2E3E79F9EE2E2E2E2-DSKKZO9348294030102015ML0000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO93482920Q5A031C1ML0000/

民泊にお墨付きを与えるのが特区を使った条例だ。大阪府議会は「大阪府の外国人滞在施設経営事業に関する条例」案を可決し、早ければ来年3~4月ごろから申請の受け付けを始める。東京都大田区は近く議会に条例案を提出し、早ければ来年1月から泊まれるようにする。

自宅の空き室を貸し出す人のほか、不動産事業者にとっては空き物件を活用できる。大田区には問い合わせが相次いでいるといい、「区が認定した事業者であれば利用者にも安心感を与えられる。かなりニーズはありそう」(政策課)とみる。

課題も多い。特区の規定で7日以上の利用に限られるが、訪日客の都内での宿泊日数は約6割が6日以下だ。また、実態として民泊が広まる中、どれだけ認定を受けるかも不透明だ。

自治体の担当者も、民泊には賛成だけど、保健所の業務が増したり、法整備など頭を悩ませる課題もありトーンダウン気味なようです。


首相、訪日客増へ改革指示 特区活用し規制緩和 民泊、7日未満でもOK 地方空港に自動化ゲート

9695999993819481E0E29AE4958DE0E2E3E2E0E2E3E79793E3E2E2E2-DSKKZO9305540021102015EA1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS20H6G_Q5A021C1EA1000/

民泊を拡大するのは、訪日客の増加につれて都心の宿泊施設不足が深刻化しているためだ。特区内で民泊を認める要件を緩和。同じ住宅に最低7~10日滞在する客に限定している日数要件を短縮する方向で検討する。

地方観光の交通の利便性も向上させる。首相は自家用車を使ったライドシェアについて「観光客の交通手段として活用する」と解禁を表明した。自家用車の有償運送は「白タク」として禁止されているが、交通空白地に限って認める。

成田空港などで活用が始まっている自動化ゲートを地方空港でも導入し、入国審査の待ち時間を大幅に短縮する。

観光庁のデータに「外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満」というのがありますが、このあたり参考に改革して欲しいです。