共働き経済圏、動く 時間節約消費、花盛り 60兆円市場、成長担う

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGH29H04_R20C17A4EA5000/

ヤマダ電機。白物家電担当の外舘さんは「ここ2、3年は大型洗濯機が人気。週末にまとめて洗いたいとか、乾燥までやってしまいたいといった30~40代の夫婦が買っていくことが多い」と話す。そうした夫婦は冷蔵庫も大型を好むといい、「共働きで毎日買い物や洗濯しない生活スタイルになっている」。

変化はいろんなところで起きている。インターネット販売は宅配便の配送網の疲弊を招くほど取り扱いが増え、料理の時間を省くために購入が増えた調理済み食品は、エンゲル係数を29年ぶりの水準に押し上げる主因になった。週末に子どもとふれあう時間を増やそうと、家事代行サービスの利用も増えている。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの土志田氏の試算によると、この3年間で増えた共働き世帯の所得は8千億~9千億円程度。消費は2千億円程度増えた。夫の収入を補う目的で主婦がパートなどで働くケースが主流だった1990年代以降の動きと異なり、人手不足を背景とした働き方改革が女性の就労を後押しする足元の流れは、今までと違う影響を消費に及ぼす可能性がある。

例えば白物家電のうち大型が増える背景には、時短消費の傾向が見て取れたり。パワーカップルの消費も今後捉えておきたいです。


玉石混交の家事代行 認証制度始まる 「掃除が雑」厳しい声も 事業者数、10年で3倍に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13014330W7A210C1TI1000/

経済産業省の調査では家事代行サービスを利用したとの回答は3%にとどまる。潜在市場は大きいともいえるが、利用した人からは「契約した時間より早く帰った」「掃除が雑」との厳しい声も聞こえてくる。法外な料金を請求されたケースもあるようだ。

国民生活センターによると家事代行を含む掃除サービスに関する相談は2016年度、800件前後になりそうだ。市場の質を高めるために業界団体や経産省などが打ち出したのが認証制度だ。

普及へ向けて品質とともに課題になるのが料金だ。1時間2000~3000円が相場。主婦からは「自分のパートの時給より高い」「そのお金をランチに使いたい」との声が聞かれた。解決策の一つと期待されるのが外国人によるサービスだ。

認証されたのはベアーズ、ミニメイド・サービス、ダスキン、カジタク、ミライド。そういえばリクルートも参入してましたね。


LGBT トイレ手探り 自治体など絵文字掲示

96959999889de2e5ebe1e0e0e1e2e2e1e3e2e0e2e3e4868896e2e2e2-dskkzo0798122004102016tzd000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07932230T01C16A0TZD000/

TOTOは今年から、LIXILは昨年から、それぞれセミナーを開き顧客の疑問に答える機会を設けている。車いすの人などのために設置された多目的トイレなら問題ないように思えるが、入り口で男女別に分かれているケースが少なくない。「車いすの人に悪い」と使用をためらう人も多い。

LIXILは昨年、NPO法人の虹色ダイバーシティと共同でネット調査を実施した。トランスジェンダーの64.9%が職場や学校のトイレ利用で困ったりストレスを感じたりしていた。トイレを我慢し、ぼうこう炎などの排せつ障害を抱えている人も25.4%いた。

性的少数者に配慮したトイレを用意する自治体も出てきた。大阪市の淀川区役所は、各フロアに2つある車いす用トイレの一方にLGBTを表す虹色のマークとともに「どなたでもご利用いただけます」と明示した。東京の渋谷区役所は庁舎建て替えに伴い、仮庁舎の多目的トイレに虹色の人を描いたピクトグラムを掲示する。

確かに、配慮されすぎるのは心苦しいという声があるのも分かりますし、どこも手探りでしょうね。


小規模リフォーム、定額で 節約志向で料金明瞭に 住友不、1畳2万円 ミサワホーム、1平方メートル7万円

96959999889DE2E6E1E5E1E4E2E2E2E3E2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0437362001072016TI5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO04373600R00C16A7TI5000/

住友不動産は戸建て向けに部屋単位の定額制リフォームの販売を始めた。天井と壁のクロスを張り替え、壁と床の継ぎ目の保護材も交換。フローリングは新品を重ねて取り付ける。料金は洋室で1畳相当の面積あたり税別2万円。同社は戸建ての大規模リフォームで知られるが、小規模工事の需要が堅調なことから、この分野のサービスを拡充。

リフォーム業界では間取り変更を伴うような大規模改修の提案に力を入れてきた。リフォームローンは新築の住宅ローンより金利などの条件が厳しい。消費者の節約志向や増税延期もあって大規模工事の大幅な増加は見込みづらくなってきた。

一方、小規模工事の需要は底堅い。国土交通省の2014年度の住宅市場動向調査によると、模様替えなど比較的小規模な工事が83.6%と13年度より3.1ポイント増えた。増築や改築を伴う大規模工事は3.4ポイント減った。

ニーズ多様化してますし、こういうきめ細かなサービスはリフォーム業界だけでなく求められていると思います。