広告動画は物語 新たな表現競う ネット上で拡散期待/映画祭にも作品部門

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14449440U7A320C1BC8000/

早稲田アカデミーが2015年からネットで流す90秒の動画「へんな生き物」。制作した映像会社ロボットのチーフプロデューサー、上野氏。評価が高まった背景に、上野氏は時代の変化をみる。「一昔前のネットの広告動画はテレビCMで伝えきれない商品などの情報を説明するものだった。だが10年代に入って多くの人がSNSを使うようになると、シェアしてもらうことが重要になってきた」。

いち早く取り組んだのがネスレ日本だ。13年から数分程度の独自ドラマを配信する特設サイト「ネスレシアター」を開設。作り手への要望は物語がポジティブに転じる場面で商品を小道具として登場させることだけ。デジタルマーケティング部部長の出牛氏は「制作の自由度は高い」と話す。その理由として挙げるのが、テレビとは異なるネットの視聴者の姿勢だ。「ネットの情報は自ら取りに行く。質の高いものでなければ選ばれない。製品を宣伝してはいないが、物語を通じてよいイメージを持ってもらえればよい」

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」のチーフ・プロデューサー、諏訪氏は「この2、3年で企業が短編映画のような良質な動画をつくる例が増えてきた」と語る。評価の機運を盛り上げようと、動画を「ブランデッドムービー」と名付け、優れた作品に賞を贈る部門を同映画祭に新設した。同映画祭で映像の優秀な作り手が多く生まれたが、諏訪氏が感じるのは活躍の場の少なさだ。映画やテレビドラマを撮れる人は限られ、15秒程度のCMは創造性を発揮しにくい。「ブランデッドムービー」は創作性を発揮できて収入が得られ、作品が評価される機会にもなるとして「映像クリエーターを育てることにつながる」と期待する。

興味深い記事でした。シェア社会を土台として視聴者が求めるもの、広告に求められるものが変わってきたということですね。


キタムラ、129店閉鎖へ 写真プリント回復見通せず SNSで共有増える

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ14I0X_U7A210C1TI5000/

収益が悪化した最大の要因は、本業の写真プリントの長期低迷だ。撮影の主体がデジカメからスマホに移り、多くの人は写真をSNSで共有するだけで、あまりプリントしなくなった。キタムラは保存した写真を簡単にアルバムに加工できる新サービスを打ち出したが販売を伸ばせていない。

新事業として始めたスマホ販売にも逆風が吹いた。スマホの実質0円に対する規制が始まり「期初の見込み以上に落ち込んだ」(菅原取締役)。

同業のプラザクリエイトも収益は厳しい。高画質の写真を客が自分で印刷できる写真印画紙自動出力機を開発。夏までにソフトバンクの携帯電話販売店100店に導入する。雑貨店などにも売り込み、新たな収益源に育てようとしている。大島社長は「DPEという業界はいずれ消える」とみて、本業にこだわらず、社内の技術を新たな分野に応用する考え。大規模なリストラに踏み切ったキタムラも業態転換が急務だ。

ライフスタイルの変化にもっと早く反応しておかなければならなかったかもしれません。本業は厳しそうです。


ネット動画に隠れ広告 レシピ紹介中に企業の商品 SNSで拡散 コスト割安に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12270710Y7A120C1TJE000/

スタートアウツの収入源は企業からの広告収入だ。動画内の調理過程で食品や調理器具などの企業の商品を使う。動画製作やレシピ考案を含めて、企業から1本あたり数百万円を「広告出稿料」として受け取る。

利用者は10~30代の女性が中心だ。「一般的な料理より見栄えのいい料理が好まれる」と板本社長は語る。レシピは管理栄養士や元パティシエ、パン職人などのスタッフが考案する。週2回の会議で週に300本もの案を出し合い、毎日3~5品を調理して動画として公開する。

エブリーも分散型動画サービス「デリッシュキッチン」で料理動画を提供している。インスタグラムやフェイスブックなど、利用者数は200万人を超える。バズフィードジャパンは料理レシピ動画「テイスティ・ジャパン」を展開する。昨年12月に投稿したパンケーキの動画は1カ月で再生数1千万回を超える。

料理動画サービスが乱立してきてますね。やはり最終的には質やアイデアが問われるでしょうか。


ポピュリズム、SNSが温床か 偽ニュース、世界の秩序揺さぶる

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12133430V20C17A1NNS000/

「人は自分の意見や態度に沿った形で情報を処理する」。香港城市大学メディア・コミュニケーション学部の小林准教授は指摘する。正確な情報より、自分の立場を補強してくれる情報に吸い寄せられる傾向が強いという。オックスフォード大学出版局は昨年、「2016年の言葉」に「ポスト・トゥルース」を選んだ。客観的な事実より、感情や個人の信念に訴えるものが世論の形成に大きな影響力を持つ現象を指す。

「単にニュースを届ける存在ではないと気づいた。人々が最も意義のある対話をし、知識を得られる場所を築く新たな責任がある」。偽ニュースの拡散を放置したと批判されたフェイスブックのザッカーバーグCEOは、一連の対策を発表した。米国に続いて今年に入り、ドイツでも対策の実施を決めた。

米スタンフォード大学が約8000人の若者を対象に調べたところ、ネットの情報の信頼性を判断するとき、情報源ではなく添えられた写真に大きく左右される傾向などがみられた。デジタルネーティブ世代は自然にネットを使いこなすというのは幻想だ。さらにIT業界ではAIなどを駆使して、利用者の好みに合った情報を選んで提供する競争も過熱する。ますます利用者の「視野」を狭めかねない。

同化傾向は危険だと思いますが、サービス提供者が拍車をかけていることも事実。あとはデジネイ世代だからこそ本質に気付きにくいという点は興味深いです。


今年は3連休のXマス 「家ナカ」に商機 そごう・西武、自宅装飾サービス/外食・スーパー、家族向け商品拡充

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO10674840U6A211C1TI5000/

百貨店では、そごう・西武が自宅の装飾サービスを始めた。専門のデザイナーが花や雑貨を選んで飾ってくれる。料金は15万円程度からで、内容は予算に応じて変えられるようにした。SNSなどを通じて部屋を紹介する人が増えており、クリスマスらしい雰囲気を味わいたいというニーズに応える。

外食やスーパーは家族や友人が集まって食事を楽しめる商品を充実させている。日本ケンタッキー・フライド・チキンは定番の鶏肉メニューに加え、今年は「特製ほろほろビーフシチュー」(3400円)や豚肉を使った「やわらか煮込みの肉厚スペアリブ」(3千円)もそろえた。

消費動向に詳しいマーケティングライターの牛窪氏は「東日本大震災以降、人とのつながりを重視し、クリスマスは家族や友人と自宅で過ごしたいと考える人が増えた」と話す。人混みでストレスを受けるのは避けたいと思う人も多い。収入が伸び悩む中で、節約も考えて家で過ごす消費者は増える見込み。

なるほど震災以降はつながり重視のため自宅で過ごす人が増えたとのこと。どこもSNS対応してますね。


SNS利用時間 日本、最短の19分

9695999993819688E2EA9AE09B8DE3E7E2EAE0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0618772017082016TJC000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ08H2I_V10C16A8TJC000/

日本でSNSが生活に溶け込んだかというと、そうとも言い切れない。グローバルウェブインデックスが34カ国・地域を対象に調べた1日あたりのSNS利用時間。最も長かったのはフィリピンで3時間56分。日本はわずか19分で最下位だ。

千葉商科大学の常見専任講師は日本ではSNSを「限られた友人同士で使うケースが多い」と、用途の乏しさを指摘する。

ちょっとこの調査結果や考察には疑問です。日本が短いのかもしれませんが、実態とかけ離れている気がします。


SNSで転職支援 ベンチャーが新潮流 ウォンテッドリー、チャットで口説く アマテラスは社長と直接対話

96959999889DE2E4E2E6E6E2EBE2E3E6E2EAE0E2E3E4869897E2E2E2-DSKKZO0604411014082016TJE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06044090U6A810C1TJE000/

大手証券の元営業マン、伊藤氏(29)は、何気なく見ていた「ウォンテッドリー」である地方企業が目に留まった。「衣の流通に革命を起こしませんか」。熊本市の縫製サービス会社シタテルだ。知らない会社だったが、「話を聞きたい」ボタンを押した。するとシタテルの河野社長から返事があった。「ゼロから事業を立ち上げる魅力」を感じて入社を決めた。給料は前職より下がったが「やりがいは大きい」。

ウォンテッドリーでは給料などの記載は禁止され、事業への思いや働く人などを写真とともに発信する。社員らもSNSで情報を広めるため、転職サイトに登録していない人の目にも留まる。情報掲載料は月額3万円からと中小企業も利用しやすく1万7500社が活用する。仲社長は「ビジョンや価値観を訴えるため転職市場でVBでも大企業と互角に勝負できる」と話す。

アマテラスはVBの幹部人材に特化した転職サイト「アマテラスオンライン」を運営する。AIや医療関連などの170社が登録する。最大の特徴はSNS機能を使い社長と直接コンタクトが取れること。元外資系銀行員の男性(32)はアマテラス経由でロボットVBのZMPに出合った。谷口社長に「将来は起業したい」と打ち明けたら、「新規事業立ち上げを任せる」と返答をもらい、入社が決まった。

シタテルなど魅力的な会社は目に止まりやすいですし、SNSが有効ですね。地方VBでも大手に勝ることができると思います。


大きな浮輪、膨らむ人気 SNSで写真映え

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06019090S6A810C1TI5000/

品川プリンスホテル内のナイトプールは小学館の「CanCam」がプロデュースし、写真映えするような空間演出が一つの売りだ。4種類そろえた大きな浮輪の人気は高く、順番待ちが発生するほど。

火付け役は海外スターやセレブ。「インスタグラム」などに大きな浮輪で遊ぶ様子を投稿するケースが増え始め、注目を集めていた。16年春から「pucapuca」というブランド名で殻が開いたホタテのようなデザインの浮輪「SEA SHELL FLOAT」を売り出したスマビ合同会社の野村社長は、「日本でも流行する確信があった」と力を込める。税別2万5千円と高価格帯ながらも約3カ月で1千個超を販売した。

「プラザ」はトライアルでドーナツ型など4種類を販売。16年はフラミンゴ型など約10種類に増やし、50店舗超で販売した。中心価格帯は4千円前後で主な購入者は10~20代の若い女性だ。「入荷してもすぐ在庫が無くなる。想定の2倍以上の売れ行き」(担当者)。

海外スターやセレブの動向を注目しておくことで新製品の開発に繋げられるということですね。トレンド大事。


企業SNS「炎上」予防を脱却 ファン獲得へ発言者に裁量 運用ルール整備 「ゆるさ」と両立課題

9695999993819481E3EB9AE1EB8DE0E4E2E5E0E2E3E49C9CE3E2E2E2-DSKKZO0549010001082016NN1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05417190Z20C16A7TCJ000/

国内の先駆けとしてSNS利用に取り組んできた日本IBM。公式アカウントでの発信については「『ソーシャル・ガバナンス』と呼ぶかなり精密な管理をしている」(ツイッター運営者の鈴木氏)。1つのアカウントに常に2人の担当者を置き、相互にモニタリングしている。炎上などに備える危機管理マニュアルも整備。

外部の「監視サービス」の利用も増えている。炎上を検知して知らせるサービスを11年から手掛けるエルテスの菅原社長は「ここ2~3年で企業の利用が一般的になってきた」と話す。

タニタは早くからSNSを活用。公式アカウントのフォロワーは16万人に上り、異例の反響を呼んでいる。ブランド統合本部の長沢部長は、公式アカウントを担当するいわゆる「中の人」の人選が「大きなポイントだ」と話す。「ツイッターの『ゆるさ』という特徴を生かせ、バランス感覚もある人」を同本部の中から指名している。

大きな組織になるほどガイドラインが必要になってくると思いますが、それ以上に社長の理解がキモだと観ました。


Uー19ヒットランキング2016 「ネオ韓流」アプリ・メークで SNOW、自撮りかわいく ティント、唇に血色感

96959999889DE2E7E1EBE4E6E1E2E0EAE2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0539644028072016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05396430Y6A720C1TI5000/

総合1位は韓国発の自撮りアプリ「SNOW」。顔を認識して、自動でかわいらしい動物の鼻や手のイラストを合成する。支持率は55.7%に達した。モノ分野の1位「セルカレンズ」も韓国発の自撮り専用レンズ。スマホに装着すると、自撮り棒を使わず手を伸ばす程度で広角の写真を撮れる。

女子の間では「オルチャンメーク」と呼ばれる韓国の美少女風の化粧が流行。眉が太めで唇に血色感があるのが特徴だ。代表する商品がメーク部門1位の「ティント」。唇の温度や水分量で色が変わる。

ドラマ「冬のソナタ」が火を付けた2003年ごろの韓流ブームと違い「ネオ韓流」はツイッターや画像共有サービスのインスタグラムを通じて日本に流れ込んでくる。数十万人のフォロワーを抱える有名人が流した情報を、友達同士で共有していく。

ネオ韓流がきてたとは。知らないヒット商品ばかりで非常に参考になりました。若者動向、重要ですね。