アパレル5社のネット通販、売り上げ4年で2倍 合計でも「ゾゾタウン」の3分の1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16490110W7A510C1TJ1000/

日本百貨店協会によると、アパレル各社の主要販路である百貨店の衣料品売上高はで17カ月連続で前年比マイナス。実店舗の集客力が弱まるなか、ECは頼みの綱だ。

アパレル各社のEC売上高は伸びているものの、専用サイトに比べると出遅れ感も否めない。ゾゾタウンは04年にサービスを始め、取扱額は16年度に2120億円に達した。販売を委託するアパレル各社の商品の売り上げも含まれるとはいえ、5社の合計の3倍以上だ。

アパレル関係者からは「ECが伸びると店頭の販売員のモチベーションが下がる」「卸先の百貨店との利害関係が合わない」などの声もある。ただ、ゾゾやアマゾンなど他の通販サイトがファッションに参入するなか、EC向けの対策は急務だ。

関係者の懸念はそこで思考停止になっていては衰退するのみだと思います。ユニークな商品・サービスが必要かと。


ベイクルーズなど、外食事業にアパレル流 新たな成長分野に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14581690X20C17A3TI5000/

ベイクルーズはルミネ横浜店に米ロブスター料理「ルークス」の新店を開業した。2015年の運営開始以来、6店目となる。ロブスターをパンに挟む料理などが売り物だ。セレクト店の運営で培った「目利き力」を生かして海外で個性的な飲食店を発掘し、日本で展開するなど、国内で約60店の外食店を運営する。

TSIホールディングスは米国発のベーカリー「ドミニクアンセルベーカリー」の2号店を銀座三越に開く。出店の際には立地や客層に合わせて業態を変える。

ウマミバーガーもアパレルみたいです。衣食住の提案型・体験型ショップが増えています。


通販の品定め AIがお助け TSIとNTT系、閲覧に応じ提案

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14084290U7A310C1TI5000/

サイトを訪れた消費者がどの検索項目を選び、どの商品ページを閲覧したかをAIが学習することでより精度の高い提案ができるようになるという。ナノ・ユニバースの通販売上高の8割をスマホサイトが占めている。AIの導入により、スマホサイトでの販売を伸ばし、ブランド全体の売上高に占める通販サイトの割合を現状の4割から5割に引き上げる。

ネット通販は消費者に幅広い品ぞろえを提供できる一方、対面接客で商品を薦めることはできない。消費者の多様なニーズを踏まえ、商品を提案するAIの活用はファッション関連の企業にも広がっている。

ユニクロは顧客の問い合わせにAIが答える「チャットボット」を米国で導入。ジェイアイエヌは似合う眼鏡をAIが判定するサービスを始めている。

これまでもレコメンドとかすでにあるので、それとAIの違いがいまいち分かりませんが。サプライズ的な提案もできるんでしょうか。


三陽商会、低価格の新ブランド SCや駅ビルに活路 百貨店苦戦で

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12865580T10C17A2TI5000/

新しいブランドの育成や既存ブランドの低価格帯商品の追加により、販売をテコ入れする。16に絞った既存ブランドでも価格を抑えた雑貨や衣料の品ぞろえを増やす。これまでの価格戦略を修正し、高めの価格帯が中心だった百貨店以外の販路の拡大を模索する。

三陽商会はSCに出店を進める「ギルドプライム」などのブランドを伸ばす計画だが、百貨店より市場規模の大きなSC向けも競争は激しい。

新しい販路の開拓とあわせ、ネット通販でも今春から価格を2~3割抑えた限定商品をほぼ全てのブランドで売り出す。例えばライセンス生産する英「マッキントッシュ フィロソフィー」の紳士服では5000~6000円のTシャツを売り出す。従来は8000~1万円台が中心だった。

僕が若い頃は花形企業というイメージでしたが。BURBERRY依存で後継ブランドを育てられなかったのが痛いですね。