若者に政治 大学生走る 18歳選挙権で続々 中高生の模擬投票/ネットで政策提言

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95756780V00C16A1CC1000/

サークル「Vote at Chuo!!」のメンバー。学生に投票を促すため学内に期日前投票所を設けるよう市選挙管理委員会に求めてきた。代表の2年、古野香織さん(20)は「選挙権年齢の引き下げすら知らない学生もいる。『若者は政治を考えないことが普通』と思いがちな現状を変えたい」と意気込む。

2008年から20代に投票を呼びかけてきた学生団体「ivote」は10代にも関心を持ってもらおうと、14年に文京区選管とともに区立中学で模擬選挙を開始。これまでに同区や豊島区の中高5校で開いた。

直接、政治家に働き掛けようとする動きもある。若者らの意見の政策反映を目指す「日本若者協議会」は、自民党で国会議員と11~39歳の約80人で討論会を開き、ネット投票実現や被選挙年齢引き下げを訴えた。代表理事の慶応大1年、富樫泰良さん(19)は「社会人や地方の若者も含め、様々な意見を国に届けるのが目標」と話す。

感心です。政党も積極的にこういったサークルや学生団体と意見交換する場を設けるべきだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です